スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Docomo Portable WiFi レビュー その1

以前から購入を迷っていたDocomoPortable WiFi BF-01Bをついに購入しました。
イーモバイルと迷った末に、結局こちらに決めました。
ポイントはやはりエリアの広さ。Docomoの3G網で実質的にまさに「どこでもWiFi」といったところ。
イーモバイルもエリアは広がっていますがやはり田舎や山間部、沿岸部などはまだまだカバーされていませんし。

実際に購入したのは3週間ほど前。しばらく使ってみた感じも含めてレビューしたいと思います。

購入したのは近くのDocomoショップですが、対応してくれたのはまだ若いお姉さんでした。
データ通信用のパンフレットを見せながら新規契約したい旨を伝えると、僕がBF-01Bのパンフレットを持っているにも関わらず、USB接続タイプのものの説明を始めてくれました。「こっちなんですけど・・・」とBF-01Bのほうを指すと「えー・・・と・・・」と答えたまましばらく止まって、「少々お待ち下さい。」と奥へ引っ込んでなにやらベテランの女性店員と話をし始めました^^;
まあ、予想はしていましたが田舎ではこの手の商品の認知度と需要はまだまだ低く、店員さんでも手続きをしたことが無いようです。事前にいろいろ調べて行ったのですが、はっきりしなかったことについて質問したのですが、そのたびに奥へ引っ込んだり、どこかへ電話したりと手続きが進まないので早々に諦めてしまいました(笑)

ただ事前に調べてよくわからなかったのが、現在、128kbps定額通信のほうで使用するためDocomoのMoperaを契約しているんですが、そちらをそのまま流用することができると勝手に考えていたところ、お姉さんが「moperaの契約は機種ごとなので・・・」とのこと。
なんと、moperaは携帯機種ごとの契約だそうですね。知らなかった。この点については結構いろいろ探したんですが書いてなかった気がします^^;
BF-01Bにも専用の携帯電話番号が割り当てられ、まさに新たに携帯を一つ契約する感じになるようです。番号をいくつかの候補から選ばせてもらいましたが、どうせ使うことはないので意味はないですね。。。
ということで、BF-01B用にmoperaの「スタンダードプラン」に「公衆無線LANコース」を併せて申し込みました。公衆無線LANコースがあれば、docomoの「mopera」対応のローミングエリアでBF-01Bが自動的に3Gから無線LANに切り替えてくれるそうです。。。
(ちなみに2011年4月30日までの契約なら1年間、「公衆無線LAN」コースの月額使用料が無料となるキャンペーン中とのことでした。)


お姉さんを信用しないわけではないですが、もう128kbps定額通信のほうは使用しないのでその場で手持ちの携帯のほうのmopera契約を解除しようかと思ったのですが、一応次の料金請求まで待ってみることにしました^^;

前置きはこれくらいにして本題です。

実機のほうは思ったよりやや大きめですかね。イーモバイルのpocket WiFiのほうは実機をみたことがあったのでそれくらいを想像していたのでちょっと考えてしまいましたが、やはり使い勝手を考えるとこちらにせざるを得ないという結果に。
実際に触った感じは、大きさの割に軽く中身は結構スカスカな感じ。デザインはつや消しブラックでいいんですが、もっと小さく出来るんじゃないかと思ってしまいました。でもカバーを開けてみて納得。バッテリーが大きめなので仕方ないんですね。大きさを少し犠牲にして長時間の駆動を可能にしているわけですから仕方ないわけです。

つなぎ方も簡単、moperaであれば初期設定のままでいいようです。一応付属マニュアルに沿って設定しようと試みましたがどれも初期設定のままでOKでした^^;ただ、最初はバッテリーが切れているので(たぶん)しばらく充電が必要です。

充電は付属の2股のUSBケーブルで行なうか、クレードルが付いているのでそれを使用できます。
最初、2股のUSBケーブルだと充電が面倒だと思っていましたが、実は1本だけでも充電しながらの使用が可能でした^^ まあ環境にもよるんだと思いますが、うちのレッツノートW5では1本刺して充電しながら使用出来ています。
というのもレッツノートW5は2つUSBコネクタがあるんですが、一つは常に小型のUSBメモリを刺している状態なので2本指すのは非常に面倒なのです^^;

うちでは主にiPod touch 3GSとレッツノートを繋いで使用しています。AOSSに対応しているのでレッツノートの方はBAFFALOのクライアントマネージャを使って普通のルーターにつなぐときと同じ要領で接続可能です。
iPod touchのほうは、ルーターと同じように設定画面にアクセスしてWEPキーを確認するか、もしくは本体のカバーを外してバッテリーが見える状態にしたら、そこにWEPキーが書いてありますのでそれを使用すればOKです。
設定ページは「192.168.13.1」でアクセス、初期ログインID、はrootでOKのです。

接続するときはBF-01Bがスタンバイ状態に入っているので、iPod touchやPCでネットにアクセスしようとすると自動的にスタンバイが解除されて3G回線が有効になります。その間、約5秒程度はかかるようですが、これはしばらくアクセスせずにスタンバイ状態になっているときのことですから、普通にネットをブラウジングしているときなどは当然、待たされること無くストレスフリーな通信が可能です。
スタンバイに入る時間(ネットへのアクセスが無い時間がどれくらいあればスタンバイに入るか)は設定画面から設定することが出来ます。もちろん短く設定しておけばバッテリーは長持ちするようですが、使い勝手は落ちるわけですね。

通信速度は場所により様々ですね。数100kbps~5Mbps程度までと大きく変化します。携帯の電波と同じ感じで、何となく電波の入りが悪そうなところではやっぱり速度は出ませんね。それでも、これまで使用していた128kbps定額通信の速度とは比べ物になりませんが。
そして、やはり最大の利点は、煩わしいケーブルから開放されるということでしょう^^ これさえあれば同じ室内でも電波の入りやすそうな窓際に本体を置いて、ソファーに座りながらネットが出来るわけですから。そして同時にiPod touchで通信も可能ですしね。

ここまで主に良い点を中心に書いてきましたが、もっとも気になる、そして最大のデメリット(?)の月々の料金についてです。
自分なりに試算してみた結果、現在の状態とそれほど変わらない状態で移行できそうな気がしたので今回導入に踏み切ったわけです。
これまでは通常の携帯使用料が月々12000円程度掛かっていました。というのも、128kbps定額通信はパケホーダイダブルのデータ通信料金になるので約6000円かかってしまいます。これまではネットバンキングやYahooメール、ニュースなどを携帯のパケホーダイを利用していたので常に最大料金になっていました。BF-01Bを導入することでこれらをiPod touch経由で使用することが出来るようになるので差し引きの利用額はそれほど変わらないのではないかと考えています。この機会に要らないi-modeサービスも解約しておきましたし^^
来月は移行期間としてどちらの契約も残した状態で様子をみて今後パケホーダイをどうするかなど考えてみようと思います。

そして、次にバッテリーの持ち。
いろいろなところでレビューされているように、断続的にネットを使用する状態ではDocomoの公式発表である6時間程度はバッテリーが持つようです。ただ、やはり外で使用するときに6時間というのはまだまだ心もとないところです。そこで早速、予備のバッテリーを購入してしまいました↓
純正バッテリーと同容量が2個でこの値段ということで迷う必要はなかったですね^^もちろん本体に入れてUSBから充電すればいいんですが、やはり複数のバッテリーを使いまわして行くには充電器も必要です。(BF-01Bには「充電器」というものは付属していないので、バッテリーを充電するには本体に入れて充電しないといけません。)ということで、併せて充電器も購入^^(人気なのか今は品切れのようですね 2011/2/14現在)

そして少し迷ったのは、この大容量バッテリーにするかどうか。

純正バッテリーの1880mAhの約2倍の3450mAhということで単純計算では2倍の12時間持つことになります。非常に魅力的なのですが、ネックは値段。先程の予備バッテリー2個に比べて非常に高価となっています。そして大きさが大きくなるため、専用のケースカバーが付いています。丁寧といえば丁寧なのですが、これ以上かさばると常に持ち歩くのには障害が大きくなります。もちろん大容量の方に魅力を見いだせる方には十分おすすめです。

長くなりましたが、とりあえず今のところ満足しています。BF-01Bについては結構マニアな情報もネットには転がっていますので興味のある方は探してみるといいでしょう。

今回は手元にデジカメが無かったので文章だけで非常に分かりにくい内容になってしまい申し訳ありません。
次回以降、実際に使用しているときの画像や動画などを順次アップしたいと思います。


スポンサーサイト

tag : BF-01B Docomo Portable WiFi

Docomo3G網で使用できるWifiルーター!(Baffalo Portable Wifi)

6月からイー・モバイルの対応エリアに自分が使いたかった範囲がようやくカバーされるということで昨年末からずっと待っていたんですが、そうこうしているうちにどうせ出ないだろうと思っていたDocomo 3G網で使用できるPocketWifi的な製品が出てしまうみたいですね。
メーカーページへはこちら

ほぼイー・モバイルのPocketWifiで決まりかけていた心が折れてしまいました^^;
というかもうイーモバイルにする必要が無くなってしまったといってもいいですね。多少、月額使用料が高いだとか、2年の縛りがあるだとかネットではすでにいろいろと議論もあるようですが、結局買う人は買うし、買わない人は買わないんです。都市部でネット環境に困らない人には地方の人間の気持ちはわからないんです(笑)

とはいえ、初っ端に飛びつくのはやっぱりリスキーなので発売後にしばらくリサーチが必要でしょう。
メーカーページではすでに初回販売分が予約完売しているようですが、価格comからたどればまだいくつも手に入りそうです。このあたりは大手メーカーが販売しているというメリットですかね。

でも売れすぎて、iPhoneのように定額制維持の危機にさらされたりすることが無いように願いたいですね。

portable-wifi-logo400.jpg

portable-wifi-router-l.jpg
主な特徴(転載)
● NTTドコモ「定額データプラン」割引キャンペーン対応

DVSM-PSS58U2-BK
●インターネット回線は、3G FOMA®、無線LAN、有線LANで接続可能

外出先の3G接続、公衆無線LAN接続や、自宅でADSL回線、ひかり回線への切り替えは自動。パソコンなど無線クライアント側で操作する必要がありません。
●各社公衆無線LANサービスに対応

FREESPOT、HOTSPOT、フレッツスポット、Mzone、BBモバイルポイント対応
※会員制有料サービスには、各社への申し込み等が必要
●名刺入れに入るコンパクトサイズ

約95×約64.4×約17.4mm、約105g
●バッテリー連続動作時間

一般通信時 6時間、スタンバイ時 30時間※
※:連続通信時間、連続動作時間は、使用環境や電波状況により変動します。
●端末同時接続数 6台

公称バッテリー動作時間・同時接続端末数がイーモバイルのPocketWifiよりも多いことがアドバンテージでしょうか。まあ最大のアドバンテージはDocomo 3Gネットワーク対応というところですけど。
デザインは・・・個人的には好きなんですが、イーモバイルの方がそれらしく無いところがいいかもしれないですね。

portable-wifi-router-enc.jpg

PLANEX GW-USMicroNを職場のネットワーク用に使ってみる。

久々です。
海外出張に行ってからちょっぴり本業が忙しくてなかなか手が回りません。まあ、本来ブログなんてこんなもんですよね(自己弁護^^;)

さて、以前にiPod touchとの組み合わせで使用していた「PLANEX GW-USMicroN」ですが、実際職場とか、自宅とかでは結構、無線LANが整備されているのでもっと有効活用する道を見つけてみました。


メインの職場にはLANが整備されて無線LANもルーターが設置してありますのでなんら困ることはないのですが、廊下を挟んでの部署には有線LANが一本とデスクトップパソコンが設置されているだけ。作業の待ち時間などのちょっとしたときに無線LANが使えてiPod touchやノートパソコンで調べ物ができれば便利かな、と思ってました。
もちろん、アクセスポイントをハブ経由で増設して既存の有線LANにぶら下げてしまえばいいんですが、それでは普通なので、とりあえずGW-USMicroNをそのデスクトップパソコンに付けてアクセスポイントモードで動かしてみました。

もちろんこれでiPod touchもノートパソコンもWiFiでネット接続できるようになったわけですが、驚いたのはその無線LANのカバー範囲。デスクトップパソコンの正面のUSB端子に刺したわけですが、そのパソコン周辺のみならず、20m四方はあるその部屋(コンクリート打ちっぱなし)内はもちろんのこと、扉(常に開放)を抜けた隣の部屋でも接続可能^^;その部屋の外にある廊下でもOKでした。
本体の小ささからしてせめてその周り程度でもカバーできたら儲けものと思っていたんですが、ちょっと驚きでした^^ まあ、本体も¥1000程度とお得ですし、セキュリティーもWPA2にも対応とコストパフォーマンスは高いですね。
もちろん、ソフトウェア的にアクセスポイントとして起動している関係上、接続しているパソコンが重い作業を指定たりするとパフォーマンスが下がる可能性もありますし、パソコンが常時起動している必要がありますが、職場のパソコンで動画のエンコードなんかしないですし、常に電源が入っているのでまさに最適な親機ですね。

まあ、職場のメインのネットワークにあるNASには接続できない(ルーター越しになるので)などはありますが、ネット閲覧には問題ないでしょう。
あと、親機のパソコンがネットに接続できる状態であればそれを簡単に無線ルーターに出来るので、勝手にルーターを付けたりできない環境であればひとつの選択肢になりうるんじゃないでしょうか?
(勝手に無線LANを整備していいかどうかは別にして。。。)

○関連記事

iPod touchとのデータ転送について その1(PLANEX GW-USMicroNレビュー)

iPod touchとのデータ転送について その2(PLANEX GW-USMicroNでインターネット共有)

iPod touchとのデータ転送について その3(PLANEX GW-USMicroNでインターネット共有 2)

iPod touchとのデータ転送について その4(Netdriveとの併用)

WebDAVを使ってみた

PLANEX GW-USMicroNを職場のネットワーク用に使ってみる。


いまさらながらsoftetherでVPN

今、職場のLAN環境の再構築を任されています。

大分昔に構築されたため、いまやその全貌を理解している人が居るのかどうかという状況でなんとかやっています。まだまだ先は長そう・・・(泣)

それにともない、職場から自宅のパソコンやNASにアクセスできればデータのバックアップ場所としてオンラインストレージ代わりになるかな、と考えました。そういえば、Dropboxもフリーで使える2GBの容量がそろそろ一杯になって来ています^^; それらのデータを自宅のNASに移して同様の環境が構築出来るかも。

(例によって試してみたいだけかもしれませんが^^;)

また、たぶん職場の方で禁止されていると思いますが、職場からしかアクセスできないWebページたち(IPではじかれるやつ)にも、外からアクセス出来たら便利です。

以前、まだ現在のようにブロードバンドが普及していない頃に、大学から自宅の超低速ADSLにつないだパソコンへアクセスするために使用したことがあったため「softether」を久しぶりにひもといてみることに。

ひさしぶりに調べてみると、softetherもバージョンアップを重ね、Packetix VPNというソフト(しかも有料^^;)になってしまっていました。もちろん、安定性やsoft etherでの問題点なども見直されてよりスループットも向上しているようですが、やはりここは無料で出来ることが重要ですよね。(すぐに飽きるかもしれませんしね^^;)

探してみるとまだ以前のバージョンを再配布してくれているありがたいページがあったためこちらからダウンロードさせてもらうことにしました。

Ceekz Logs (吉田光男@筑波の日記)

softehterの開発者の方もたしか筑波の方だったと思いますが、ご友人なんでしょうか。ありがたいことです。

さっそくインストール。

以前に少し使ったことがあったので簡単♪・・・と思ったら^^;

自宅のPCに仮想LANカードと仮想HUBをインストールして、仮想HUBにユーザーを設定して、仮想LANカードを仮想HUBに接続。

ルーターのNATの設定をして、外からの接続を仮想HUBのマシンへルーティングしてやったら自宅での作業は終了。

とりあえず職場の無線LANに繋いだマイLet's noteから接続してみると・・・、接続すら出来ず(泣)

どこが問題なのかあちこちいじってみるもまず接続すら出来てない。理論上は簡単なんですけど。。。

一番疑ったのはルーターのルーティングが上手く出来てないのかと思ったんですが、他のソフトでもいろいろいじっている部分なので今更間違わない、というか間違う要素が無い。

次はやはりファイアーウォールのせいかと。うちのマシンたちはすべてKingsoftの無料ファイアーウォールを使用していますが、いちおう設定を明示的にポート解放してやったり、ファイアーウォール自体を切ってみてもダメ。

しかも自宅のローカルのLAN内でやってみてもなんと繋がらない^^;(っていうか最初にテストするべき部分でした。)こうなるとルーターはあまり関係ない上に、ホントにグローバルIP?とかいう疑問もナンセンスになってしまいました^^;

ダメ元で逆に自宅デスクトップPCからLet’s noteに設定した仮想HUBに繋いでみると・・・あっさりつながるじゃないか!!

じゃあ、逆になぜデスクトップで繋がらないのか、kingsoftのファイアーウォールの設定はすべて同じにしてみてもダメ・・・。

もう一台あるPCに仮想HUBを設定してテストをしようと思ったら、なぜか仮想HUBが動かない、Telnetも起動しない^^; そういえばこのPCはwindows7 RC版を使ってた(泣)。(softetherはwindows7非対応)

諦め気味にデスクトップのパソコンをいじっていたら・・・。

なんとwindowsのデフォルトのファイアーウォールも動いてる???kingsoftファイアーウォールをインストールした時点で勝手にデフォルトの方は停止するもんだと思いこんでいたので、まったくノーマークでした^^;じゃあ、これまで2つのファイアーウォールが動いていたのか???

とにもかくにも標準のファイアーウォールの方を切ってやると、あっさり仮想HUBにLet's noteの方から接続出来たのでした。。。

(ちなみにLet's noteの方の設定を確認してみると、やっぱり標準のほうは無効になってました。)

つまり、kingsoftの方でポートを開放してやったのにデフォルトのほうでブロックされてたというしょーもない理由。動作してるファイアーウォールは一つという思いこみのために完全な盲点でした(泣)他のネットワークを使用するソフトたちはそれでも問題なく動いてましたしね。。。

ということで、めでたく職場からはもちろん、以前に書いたdocomoの128kbps定額通信のモバイル環境からも自宅のLANに安全に接続出来るようになりました(笑)

128kbps通信の方はもちろん速度面で問題がありますのでNASのjpgデータなどにアクセスするのは非現実的ですが、ドキュメントやテキストなどは問題ないでしょうね。

それに、近々イーモバイルのpocket Wifiを契約しようと目論んでいるのでそうなるとモバイル環境での通信速度についても解消されるでしょう。

もう一つの課題。

外から職場LANにアクセスして特定のWebにアクセスするという実験については、職場のPCにプロキシサーバーを立てるとか、VNCなどのソフトでリモートに操作するとかやり方がいろいろありますが、若干ボーダーライン感が漂うため(^^;)、注意して実験していこうと計画中。

職場のLAN環境が一段落したらぼちぼちやっていきますかね(笑)

tag : softether LAN

WebDAVを使ってみた

これまで複数のPCでファイルを共有する目的でDropboxを主に使用していました。ただ、Dropboxは職場の共用PCにはインストールするわけにはいかないし、結局ローカルのHDDフォルダをネットに同期するかたちになるわけで。メインで使用しているブラウザのfirefoxアドインの「zotero」のデータファイルをDropboxで各PCで共有して使用していこうと思ったら、使用中のファイルはアップロード出来ない、というDropboxのエラーになったり^^;

ネットストレージとしてMSのskydriveも使用してみたけど、これは容量が大きめなだけでアップロードなんかはブラウザ経由で行う必要があってめんどくさい。(インストール不要なのはいいですけど。)

なかなかこれというサービスが無い中、「zotero」の2.0へのアップデートでWebDAV経由でのファイル共有というのが可能になったとのこと。最初はDropboxで自分がすでに構築している環境とどう違うの??って思ってたけど、ようやく理解できました。

WebDAVというのはHTTPの拡張機能で、ネットワークストレージ上に置いてあるファイルがローカルにあるファイルと同じように各アプリケーションから直接読み書き可能になるというもの。

zoteroでは項目のデータファイルはzoteroのサーバーで各PCから参照可能にして、ある程度の容量が必要なデータファイルなんかはWebDAVサーバー上に置くことで各PCから共有出来る。まあ、ダウンロードはともかく、アップロードはどこも低速なのが普通なわけで使い勝手はやってみないとわからない。

とりあえず、zotero2.0系へのアップデートはメインの仕事マシンではライブラリが消えたりすると「終了」^^;なわけで、もう少し先送りして。。。

まずはWebDAVがどういうものか実際に体験してみることに。

ネットで調べてみて気がついたのは、このブログで一部の動画を置かせてもらっている「box.net」というストレージサービスが実はすでにWebDAVに対応しているらしい^^;

早速、試しにやってみると・・・意外に便利かも。たしかにファイルがローカルと同様に開いたり保存したりが出来るようになる。

ただ、「ネットワークプレイス」として設定しても開くのに妙に時間がかかったりととても安定して使えるものでは無く(泣)

http://l-w-i.net/m/20080917_01.txt

のページによると、WinXPの仕様変更のせいらしいけれど、紹介されている方法でポート番号も指定してネットワークプレイスを作成しようとしてもなぜか作成に失敗する。

なにか上手い方法はないかと探してみると、ありました^^ いわゆるWebDAVクライアントというジャンルのソフトだけど、2種類あって、専用のUIを使ってファイルのやりとりをするタイプ(これってFTPと同じじゃない?)と、いわゆるネットワークドライブのようにエクスプローラなどから参照できるようにマウントしてくれるタイプがあるようです。

もちろん後者が便利なわけで汎用性もあると思ったので、さっそく。

今回使用したのは、Solutionbox.Incという会社の「Netdrive」というソフト。(ソフトのAbout boxにはSolutionBox.IncとあるのにHPにはMacroData Incとあるんですがどっちがホントなんですかね?)

Netdriveのページへ

個人使用ならフリーというのもいいですね。

設定はFTPなんかと同じ感じ。

しかもこれでならポート番号もちゃんと指定できます^^

そしてNetdriveを使用したらこんな感じ↓で

エクスプローラなどにドライブとして追加されます。

ここではHドライブが「box.net」のWebDAVフォルダ、Jドライブが「myDisk」のWebDAVフォルダです。

なぜかBox.netのほうはドライブ名がハングルに文字化けしてしまうみたいですが^^;

こうするとほとんどローカルのフォルダと見わけが付きませんね^^;当然ややアクセスは遅いですが。大きなファイルや大量のファイルをアップロードするのは時間がかかりますが、一旦アップしたものを変更したりはあまり時間がかかりません。

あと、上ですでに書きましたが、WebDAVサービスとしてもう一つ、「myDisk」というのにも登録してみましたが、こっちのほうが「box.net」よりも安定してますね。

200くらいのPDFファイルをbox.netのWebDAVにアップしてみたらNetdriveからひたすら「サーバーの応答が無い」みたいなエラーメッセージが出たりしてましたが、「myDisk」のほうはそんなこともなく良い感じ。

ただ、一部ネットに書いているような「myDiskは無料で使える」というのは古い情報なんでしょうか。一ヶ月2GBの試用期間のあとは$5/yearという料金設定になってます、現在は。

ただ、$5/yearというのはかなり安い気がしますね、同様のサービスに比べても。あと2GB追加毎にさらに$5/year必要ですが、それでも安いですね。「box.net」よりも使い勝手がよかったのですでに有料のほうに契約してしまいました^^;

支払い方法も「Paypal」とクレジットカードに対応しています。

しばらくWebDAVを使ってみて不具合がなさそうなら本格的にDropboxから乗り換えてみようかと思っています。

ブログ内の現在の位置
徒然なるブログ
 トップページ
  └ カテゴリー
        └ ネットワーク関連
プロフィール

albicans

Author:albicans
徒然なるブログへようこそ!
2010/3/5
100000Hit (O_o)WAO!!!
人気ブログランキングへ


現在の閲覧人数:


これまでの閲覧人数


カテゴリ
まとめプラグイン
07 | 2017/08 [GO]| 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ一覧 最新記事一覧 コメント一覧 トラックバック一覧
[カテゴリ一覧]
WEBコンサルティングのバンブーウエイブ
最新記事
タグクラウドV1.2a
天板(#2)アップコンバート(#3)ホームシアター(#2)発火(#1)超小型(#1)Let's(#3)USB(#2)スリープ(#1)音楽(#1)マジカルカーボン(#1)AT-ID5a(#1)BlueSoleil(#1)Bluetooth(#4)西表島(#1)virtualbox(#1)nano(#3)インターネットテレビ(#1)DLNAサーバー(#3)DLNA(#17)石垣島(#1)英会話(#1)ハセプロ(#1)TMR-BT8iP(#1)ブセナテラス(#1)VGF-WA1(#1)REGZA(#24)バッテリー交換(#1)デジタルフォトフレーム(#1)PIP-DOCK2(#2)PS2(#1)風呂(#1)UltimateCS(#4)コンパクト(#1)BEGIN(#1)NAS(#2)NR-F433T(#1)TH-55(#1)ipod(#1)東京湾大華火祭(#1)W5(#2)メモリ(#1)BF-01B(#1)ホテル(#1)Blu-ray(#1)softether(#1)TWONKY(#1)プロジェクター(#2)PS3(#1)ヘッドセット(#1)Portable(#2)防水(#1)i-minimo(#5)ubuntu(#3)頭痛(#1)レビュー(#1)touch(#1)MA-BTCARD(#1)中華街(#1)NetFront(#1)ガンダム(#1)沖縄(#1)車載(#2)横浜(#3)ドック(#1)自転車(#1)ZV500(#11)DVD(#2)HDL-GS500(#3)音が出ない(#1)青の洞窟(#1)ブラウザ(#1)Let'snote(#4)折り畳み自転車(#3)電源(#1)冷蔵庫(#1)英語学習(#1)バッファロー(#1)iPod用ドック(#2)PF-50WG(#1)TwonkyMedia(#1)HDCN-U(#1)サーバー(#9)マッサージ器(#1)L型(#1)お風呂(#1)ubuntu10.10(#1)iPod(#6)Nero(#1)DPF-D70(#1)トランスコード(#1)Docomo(#1)TVersity(#6)note(#4)アダプタ(#1)マウス(#1)let's(#1)DPF-V700(#1)夏休み(#1)LAN(#1)NAS-C5(#1)CLIE(#1)WiFi(#2)windows7(#5)MD5000(#1)サンワサプライ(#1)等身大(#1)スライブ(#1)アップスケーリング(#1)BDレコーダー(#1)トランスミッター(#1)美ら海水族館(#1)アップデート(#1)シュノーケリング(#1)ISO14001(#1)
物欲リスト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。