スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ついに始動!簡易ホームシアター計画!!その2

前回から大分間隔が空いてしまいましたが、その間いろいろと試行錯誤を続けていました^^;
というのも、やはりプロジェクターを設置するなら天井からかな~と思っていたのでどうやって天井に設置するかで悩んでいたんです。普通のプロジェクターなら天井設置用の金具が別売りしてるはずなんですが、先日購入した「PLUS V-339」はそのコンパクトさ故かそういったオプションが見当たりません^^;ならば・・・ということでもともと三脚用のネジ穴(と、もう一つ用途不明のネジ穴)が空いているのでここに合うネジとホームセンターで金具を組み合わせて自作しようと企んだのですが、そのネジ穴に合うネジがなかなか見当たらなかったんです。結局、日本で主流のネジではなくて、海外でのネジだったので見つかったのは見つかったんですが、その後さらに強度や安全性の問題から暗礁に乗り上げていました。

今回はその後についてと、「PLUS V-339」の簡単なレビューが目的です。

そもそもソファーを置いている対面の白い壁に映写しようというデザインを考えていたので、プロジェクターを設置するとなるとどうしても自分が画面を見るソファーの頭上にプロジェクターが来てしまうわけで。
そこに手作りの金具でネジの一つや二つで固定しただけの1.3kgの物体を吊り下げるのがどうも危険な気がします(笑)そのソファーでは良く居眠りをしてしまうのでもし落ちてきたら一大事です。

ということで、いろいろ考えた結果がこれ↓
P1080851.jpg

そもそも天井案と壁吊り下げ案は自分の中でずっと平行線をたどっていたのですが、王道は天井だろうといつもの思い込みで突っ走っていました^^; 試しにいろんなものを壁につけたフック(7kgまでの重さに対応しているそうです。)にぶら下げて安全性を確認した結果、こういう形になりました(笑)本体が小さいうえに位置が視線より上なので意外に目立ちません。(たぶん^^;)
P1080852.jpg
正面から見るとこんな感じ。コントロールパネルが正面に来るので操作はしやすいです。もっともリモコン操作が可能なので使いませんが。
P1080853.jpg
配線はこんな感じで。これ用に短めの電源ケーブルを購入しました。

コンセントは3穴のやつです。
窓枠に沿って延長コンセントを引っ張ってきてモールで処理しています。

P1080854.jpg
側面図はこんな感じ。基本的にぺったりと壁についた感じです。
P1080856.jpg
フックへの固定はまだ確定ではありませんが、当面荷物などを固定するプラスチックの「タイ」というもので固定です。出来れば金具などでスマートに固定したいですが、このほうがフレキシブルでいいのかもしれません。。。
P1080858.jpg

ところで映写するのは向いの壁なんですが、どうやってこのまま映写するかというと
P1080857.jpg
ポイントはこのプロジェクター本体の下の壁に取り付けてあるフックです。
(もうおわかりだと思いますが、そのまさかです^^;)
P1080859.jpg
そう、鏡です。しかももともとうちにあったやつを使い回してます。。。専用の鏡がそのうち欲しいところですが、この鏡の良いところは鏡とフレームの固定が固めで、決めた角度を保持してくれるところです。
ちょうどいい角度でしっかり固定できます。
P1080860.jpg
正面から見るとこんな感じ。。。

さて、映写すると・・・
P1080861.jpg
暗くするとこんな感じで、鏡の表面が綺麗なら問題ありません。。。
ちなみに「PLUS V-339」には画面出力を上下反転や左右反転する機能が標準で装備されているので、鏡で反射した場合に左右が反転するという心配はクリアできます。もちろん出力デバイス(うちではリビングPC)のほうで対応しても構いませんが。
P1080862.jpg

で、実際に映写してみた感じは↓なんですが、画面の大きさと迫力がうまく表現できてませんね^^;
P1080863.jpg
P1080868.jpg
なかなか写真が難しいですが、この写真のように画面の明るさは全く問題ありません。
P1080869.jpg

これでも十分ホームシアターとしては大きいんですが、パッと見すぐ横に置いてある42インチのREGZAと比べると画面はほぼ縦横2倍程度あります。画面の斜めの長さを測ってネットで調べてみると約85インチに相当するようです。
PLUS V-339自体は最大300インチまで対応ということなので余裕ありなんですが、部屋の大きさが余裕無し、です(笑)鏡の反射を使うことでほぼ最大距離を稼いでいますのでうちの大きさではこれ以上は難しいでしょう。
もちろん部屋の長径を使ったらもっと距離がありそうなんですが、そちらは窓になるのでスクリーンが別に必要になりますし。ソファーからゆっくり観るにはこの向きが最適なんですよね。

先日、さっそくパートナーと一緒に映画を鑑賞しましたが、大好評でした(笑)。
まあ、あまりやろうと思う人はいないでしょうから珍しいですしね。

ここまでを実現するのにかかった費用は、プロジェクターを別にすれば、壁掛け用のフックと吊り下げ用の「タイ」、それと短めの電源ケーブルで¥1500くらいでしょうか。(天井に吊り下げようと試行錯誤した時期に買っていたネジとか金具とかは¥2000くらい無駄になりましたが^^;)

しかし、こうなってくるとホームシアター用にスピーカーシステムが欲しくなりました。出来ればスクリーン替わりの壁両サイドにトールスピーカーが欲しいですが、普段使わないときに邪魔ですね・・・。
今のところは大分前に購入して寝室で使用していたこれ↓(のオレンジ色)を使用していますが若干このスピーカーは低音が強く出て、人の会話が聞こえにくい感じがあるので映画鑑賞には不向きな気がします。
デザインや大きさはいいんですけどね。。。


音声をREGZAに繋いでREGZAのスピーカーから音声だけ出力するのも試してみましたが、それもいいかもしれません。
ただ、個人的に狙っているのはこのPanasonicのiPod対応コンポ↓

この前、ビッ○カメラに立ち寄ったときにデザインに一目惚れしてしまいました(笑)以前、たぶんこれのひとつ前の製品だと思いますが、それを見たときにも惹かれたんですが、今回は奥行きのコンパクトさと、なにより「Bluetooth対応」というところです。
まあ、早い話、現在パソコンからプロジェクターにDVDを出力しているわけなんですが、パソコンにはBluetoothアダプタが付いてますので、コードを引き回すより音声をBluetoothで飛ばしてやるというのがスマート(ただやりたいだけかも)ですよね。
もちろんBluetoothは音質が・・・とかいろいろ言われるひとがいますが、現在BluetoothヘッドセットをiPod touchとの組み合わせで主に使用している立場で言わせてもらうと十分じゃないかと。
うちにはコンポというものが無いのでそういった意味でも、iPod touchとの親和性も高そうですから良い選択肢な気がします。。。

まあ、スピーカーのことはまた考えるとして。やっぱり勢いで買ってしまった感はありましたが、「PLUS V-339」はおすすめですね^^

あと、余談ですが、今回プロジェクターの壁掛けに使用したフックはこのマジッククロスというやつでなんと7kgの重さまでOKらしいです(壁の強度にもよりますが^^;)。
あと、このタイプの特徴は壁に穴をあけたくない場合でもかなり穴が目立たないという触れ込みです。
img10531557993.jpg
img04527726.jpg
ちなみに最初は天井に吊る案があったので、こちらのタイプ↓天井用を使う予定でした。
これでも一つで2.8kgまでOKらしいので、4つ使って余裕を持たせてやろうと購入してしまいましたが、結局使用されることなく引き出し行きです。。。いつか使ってみるつもりです^^
img10531558084.jpg
img04528480.jpg
気になる方は、Amazonでは取り扱ってないみたいなので、楽天で、「マジッククロス」、「フック」などのキーワードで検索してみてください。



関連記事
ついに始動!簡易ホームシアター計画!!その1







スポンサーサイト

tag : ホームシアター プロジェクター

ついに始動!簡易ホームシアター計画!!その1

先日、久しぶりに以前ちょくちょくお世話になっていた中古のパソコン関連ネットショップを覗いてみたら、なんと!比較的しっかりしたプロジェクターが¥12000程度で販売されていました。
以前からうちの部屋の白い壁を利用してプロジェクターとの組み合わせでホームシアターがやってみたいと思っていたので、プロジェクターは狙っていたんですが、そこそこの性能かつ小型コンパクトなものとのなると、¥50000以上は出さないと満足できるものが見当たりませんでした^^;

今回見つけたプロジェクターは、Plus V339というプロジェクターです。
価格.comで口コミを見てみるとすこぶる評判が良かったので、すぐに注文してしまいました^^;

しかも、オーダーして翌日には届くというAmazon並の対応もgoodです。(今回は楽天経由で購入)

しかし、驚いたのはここからでした。
会社にある仕事で使うプロジェクターは片手でもつには「よっこらしょ」という重さと大きさを誇る、安定感抜群のやつなので、ついついそれに近いものを勝手に想像していました。届いた箱も実際それが入るくらいのものだったのですが、妙に軽い。そして開けてびっくり。持ち運び用のバックがついていたのですが、それにすっぽり収まったプロジェクター本体は今使っているレッツノートW5の天板の2/3程度しかありません。
高さもせいぜい5,6cmくらいで、重さは1.3kgしかないので重さもこのレッツノートといい勝負です。
ホームシアターで使用するには大きさがやっぱり気になっていたので、これはうれしい誤算でした。ネットで大きさなどを事前に数値としては分かっていたつもりでしたが、実際に見てみるとほんとに小さい・・・。職場にあるプロジェクターの大きさは一体なんなんだろう、というくらいです。(まあ、性能はあちらのほうがいいんでしょうけどね(笑))
今回、写真を載せられないのが残念ですが、今度時間があるときにゆっくりと実際に映写しているところなどもレビューしたいと思います。

ついでにネットショップで見たときには、付属のリモコンがあるけれども動作未確認、と書いてあったので、あるのに動作未確認って書くってことは動かなくなってるんだろうと諦めていたんですが、なんと!リモコンも問題なく動作してるんです!これなら「リモコン動作可」って書いてたほうが買い手がすぐに見つかりそうなものなのに・・・と余計な心配をしてしまいました(笑)
(今日そのショップを見てみたら3個在庫があったのにもう売り切れになってたので、余計な心配だったようですね.)

さっそくノートパソコンから出力してみて確認したんですが、部屋の電気を消して約3、4メートル離れた対側の壁に映写してみるともう完全に映画館状態^^ただ、部屋の広さの関係で、最大100インチまで映写できるのに50インチくらいが限界です。部屋の長軸方向で映写すると100インチMAXまでいけるんですが、そちらは窓側でカーテン等が・・・。最終的にはそちらにロールスクリーンの大きいやつを設置したり・・・と夢は広がりますがとりあえず現状で我慢することにしました。

以前に書いたリビングPCから出力できるように、眺めのD-sub15ピンケーブルをさっそく買ってきて実際にDVDから映画を出力したりといろいろ試しています.
こうなると、立派なスピーカーシステムが欲しくなりますね・・・。

今回のPLUS V339はシステムメニューからみてみたら、LAMP使用時間は300hと一応まだまだ限界まであるようですから十分に遊べそうです^^(まあLAMP使用時間はリセット出来るみたいなのであてにはなりませんが^^;)

また後日レビューなんかを書く予定です。。。

tag : ホームシアター プロジェクター

iPod touchとのデータ転送について その4(Netdriveとの併用)

以前、

iPod touchとのデータ転送について その1(PLANEX GW-USMicroNレビュー)

で書いたようにGW-USMicroNなどのWiFiアダプタでiPod touchとのワイヤレスでのデータのやりとりをしているわけですが、前にも書いたようにwindowsの「ネットワークプレイス」の作成でアクセス出来るようにしているんですが、やはり不安定な時もありました。

どうもエクスプローラーからアクセスすると

WebDAVを使ってみた

で参考にしたページに書いているような問題のために遅延が発生するようですね。(ブラウザからアクセスするとスムースにアクセス出来るんですが、Drug and Dropなどが出来なくてFTPライクな画面になってしまいます^^;)

そこで、前回WebDAVの話で使い始めた「Netdrive」というソフトを使ってiPod touchをドライブとしてマウントしてしまったらどうかと考えたのでした^^ というのもGood Readerでサーバーを立ち上げたものは確かWebDAVサーバーとして機能するという記述を見かけたからです。

もしかしてタイムラグが発生することもなくスムーズにアクセスできるようになるのでは?という淡い期待の元、検証してみました^^

さっそくiPod touchでGood Readerをサーバーモードで立ち上げます。

そして、「Netdrive」のほうで設定をしてやります。

「site IP or URI」にGood Readerで表示されている「xxx.xxx.xxx.xxx」を入力、「Port」はこの場合は「8080」にしてやります。

「Server type」を「WebDAV」に。ドライブレターは好きなものに。今回は「P」にしてます。

Good Readerの場合は「accout」や「password」は不要なので「Connect as anonymous」にチェックをいれます。

そして、connectを押してみると・・・繋がりました!!

さらにエクスプローラから見てみると↓

このように、見事「P」ドライブとしてマウントされています。

実際にフォルダを表示してみると、非常にサクサクとスムースに表示されます。iPod touchの中のPDFを表示してみてもほとんどローカルのHDDと変わらないくらいの早さで開くことが出来ました^^

もちろん、Good Reader側のサーバーをいつも立ち上げている訳ではないのでサーバーを立ち上げたときに「Netdrive」のほうで「connect」してやる必要がありますが、そのひとクリックの手間を補って余りあるメリットがありますね。(それほどwindows標準のネットワークプレイスでの接続は不安定だった^^;)

ちなみに。。。

Good ReaderのサーバーモードはIP addressとBonjour addressの二つが選べますが、IP addressだと大元のルーター環境が変わると「Netdrive」の登録IPも変更する必要がありますが、Bonjour addressで登録しておくとおそらく、アクセスする側のPCにiTunes(正確に言うとBonjour service)がインストールされていれば設定を書き換える必要が無く普遍的に使用できるはずなのでお勧めです^^

ということで、iPod touch + WiFi アダプタ + Netdriveという組み合わせは結構お勧めかもしれません。

○関連記事

iPod touchとのデータ転送について その1(PLANEX GW-USMicroNレビュー)

iPod touchとのデータ転送について その2(PLANEX GW-USMicroNでインターネット共有)

iPod touchとのデータ転送について その3(PLANEX GW-USMicroNでインターネット共有 2)

iPod touchとのデータ転送について その4(Netdriveとの併用)

WebDAVを使ってみた

TOSHIBAもブルーレイレコーダー発売!

ようやくTOSHIBAもブルーレイレコーダーを発売するようですね。

AV watchの記事へ

これでうちのREGZAもBlu-rayレコーダーへの道が見えてきましたが・・・いまのところ予定はないです^^;

年末年始でいろいろと出費もあったし。

あと、再生するだけなら先日購入したリビングPCで十分ですしね。

録画はほかに移したりする気がなければ、REGZA ZV500内蔵の録画機能で十分すぎます^^

おまかせで自動録画にしておいても観る時間が無いくらいで(泣)

でも今後の選択枝が広がるのはうれしいです。やはり同じメーカーにしたほうが連携がいいですからね。

Bluetoothが熱い!!その4(Logitec LBT-HP110C2 その後)

ひさびさにBluetooth関連の内容です。

以前に購入したLogitec LBT-HP110C2のその後についてです。というのもこのキーワードでこちらを訪れてくれるひとが結構多いためです^^

以前のLogitec LBT110C2についての記事はこちら↓

Bluetoothが熱い!!その1

Bluetoothが熱い!!その2

Bluetoothが熱い!!その3

ちなみに普段の使用状況ですが、これまたiPod nano3Gと以前に購入したBluetoothアダプタ(TMR-BT8iP)の併用で、通勤中や仕事中(単純作業など)などに主に音楽や英会話などを聴いています。

LBT-HP110C2の電源を入れて、iPod nanoの方を操作すると自動的にペアリングが行われてイヤホンの方から音楽が流れてきます。再生・停止・早送り・巻き戻し・音量などもすべてイヤホン側で操作が出来ますからiPodはウェストポーチに入れておくだけです。動いてももちろん音飛びなどはありません。

イヤホン側で再生を停止するとiPodの方はしばらくしてスタンバイ状態になるので特別操作は必要ありませんが、イヤホン側はそのままだと待機状態になるので、わずかずつではありますが電池を消耗していきます。待機状態だと、ブルーのLEDランプが一定間隔で点滅して待機状態であることを教えてくれます。そのため、再度ファンクションボタンを長押しすると電源が完全に切れます。こうするとしばらく使わなくても安心して次に使うことが出来ます。

ということで非常にお気に入りで、毎日ウェストポーチに入れたまま持ち歩いています^^

ただ、一点。その構造上、仕方がないところがあると思いますが、イヤホンの耳掛け部分(フック)が脆いんですね^^;まあ、購入する前から予想はされていましたが(笑)

実は、購入してからすでに2回、フック部分が折れています(泣)持ち運び方や使い方は通常の使用範囲内だと自分では思っていますが、ほかの方々はどうなんでしょうか?

一回目は↓のように付け根近くからポッキリ(泣)

二回目はフックの長軸方向に沿って、ちょうど耳に当たる部分で二つの部品を接着しているところでしょうか?そこが長軸方向に分離するかたちになってしまいました。(このときは写真を取り忘れました^^;)

一回目は耳から外そうとしてちょっと耳に引っかかった感じがしたと思ったらポッキリ。二回目はいつの間にか、という感じでした。

どちらの時にもメーカーの保証期間内だからでしょうか?無料で修理に応じてくれて1週間ほどで手元に戻ってきました^^

というか、やはり部分的な修理が難しいところなのでしょう、新品と交換ということになっています。

つまり、再度ペアリングをする必要はあるんですが、全くの新品になって帰ってきているのがちょっと得した気分です。(本来は修理期間中使えないのですから損してるはずなんですがね^^;)

Logitecのメーカーとしての対応は比較的好感が持てますね。機械自体の故障じゃなく、使用方法などの問題でも壊れる可能性があるところにもかかわらず難癖を付けることもなく2回も交換に応じてくれていますし。まあ、もしかしたら同じような修理依頼が多いのかもしれませんが^^;

という感じで、若干虚弱体質な子(笑)ですが、今のところ普段の持ち歩きでこれ以上のものを見つけられませんし、機能的には大満足なので大事に使っています^^もちろん、いざというとき用に普通のイヤホンも用意していますが(笑)

ただ、メーカーの保証期間が切れたあとは修理がどういう扱いになるのかそのときになってみないとわからないのがちょっと不安ですね。

実は、このイヤホンの後継品がすでに登場しています。そのためかこのイヤホン自体の定価も大分下がってお買い求めしやすい価格になってますね。(最初からこの値段だったら悩まず即購入だったと思います^^)

旧製品はカラーバリエーションはブラックとシルバーだけです。

こちらの新商品は耳掛け部分に改良が為されているみたいですが、文章ではちょっと違いがわかりにくいですねぇ・・・。実際の商品はまだ店頭でチェックしてないので^^;

カラーバリエーションは、ブラックピンクブルーシルバーホワイトの5色もあって悩みますね。

ただ、旧製品との価格差があまり無いのでこれから買うなら新製品の方がいいのかもしれませんが、いかんせんまだAmazonでもレビューが少ないので・・・

○商品の説明

Logitec Bluetooth2.1+EDR対応ワイヤレスヘッドフォン LBT-HP120C2シリーズ

■A2DPに対応しクリアな音質で音楽データの再生が可能。

■HFP、HSPにも対応しているので音楽を聞きながら同時に携帯電話の待ち受けができます。

■赤外線通信と異なり、トランスペアレントな転送が可能。送信側の機器をバッグの中等に入れていてもしっかりとヘッドフォンまで音声が届きます。

商品の説明

◆耳が痛くなりにくいデザイン◆高音質と3Dサラウンドに対応◆ワンセグも音楽もこれ一台のSCMS-T対応◆超小型マイクを搭載しハンズフリー通話が可能 / ■ 仕 様 ■キャリア周波数:2.4~2.480GHz サンプリングレート:48KHz、16bit 音圧レベル:105dB pre 1KHz Bluetooth性能:Bluetooth V 2.1+EDR、Class II最大半径:10m(障害物がない場合)周波数拡散:FHSS(周波数ホッピング方式スペクトラム拡散)対応プロファイル:A2DP、AVRCP、HFPVer1.5、HSP マルチペアリング:2台周波数帯域:20Hz~20KHz サンプリングレート:48KHz全高調波歪:0.8%SN:85db 入力電圧(USBコネクタ経由):5V/500mA 消費電力(定格):最大144mW(使用時)、1mW(スタンバイ時) 連続待受時間:約200時間連続通話時間:約10時間外形寸法:(幅)35.5×(高さ)17.5×(奥行)35.5mm 質量:約30g /

一応、対抗馬としてはこちらのSONYのものになると思いますが

まあ、好みだと思いますが、電源アダプタや大きさの問題などもありますので。個人的にはLogitecの方がお勧めですね^^

ということで久々のBluetoothまわりの話題でした。

ブログ内の現在の位置
徒然なるブログ
 トップページ
  └ カテゴリー
        └ デジもの
プロフィール

albicans

Author:albicans
徒然なるブログへようこそ!
2010/3/5
100000Hit (O_o)WAO!!!
人気ブログランキングへ


現在の閲覧人数:


これまでの閲覧人数


カテゴリ
まとめプラグイン
07 | 2017/08 [GO]| 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ一覧 最新記事一覧 コメント一覧 トラックバック一覧
[カテゴリ一覧]
WEBコンサルティングのバンブーウエイブ
最新記事
タグクラウドV1.2a
バッファロー(#1)Nero(#1)L型(#1)DVD(#2)DPF-D70(#1)シュノーケリング(#1)BEGIN(#1)Bluetooth(#4)Let's(#3)発火(#1)電源(#1)Let'snote(#4)virtualbox(#1)沖縄(#1)TWONKY(#1)Portable(#2)NAS-C5(#1)BF-01B(#1)DLNAサーバー(#3)西表島(#1)ドック(#1)PF-50WG(#1)BlueSoleil(#1)マッサージ器(#1)TVersity(#6)メモリ(#1)Blu-ray(#1)WiFi(#2)頭痛(#1)音楽(#1)BDレコーダー(#1)ホームシアター(#2)自転車(#1)トランスコード(#1)バッテリー交換(#1)Docomo(#1)note(#4)マジカルカーボン(#1)アップデート(#1)USB(#2)横浜(#3)PS2(#1)英語学習(#1)touch(#1)冷蔵庫(#1)softether(#1)石垣島(#1)ヘッドセット(#1)iPod用ドック(#2)東京湾大華火祭(#1)コンパクト(#1)中華街(#1)nano(#3)ブラウザ(#1)ホテル(#1)車載(#2)折り畳み自転車(#3)windows7(#5)MD5000(#1)ubuntu(#3)音が出ない(#1)美ら海水族館(#1)i-minimo(#5)等身大(#1)ipod(#1)TMR-BT8iP(#1)サンワサプライ(#1)トランスミッター(#1)HDL-GS500(#3)ubuntu10.10(#1)ZV500(#11)UltimateCS(#4)風呂(#1)防水(#1)VGF-WA1(#1)PS3(#1)デジタルフォトフレーム(#1)W5(#2)MA-BTCARD(#1)DPF-V700(#1)ハセプロ(#1)TwonkyMedia(#1)アダプタ(#1)HDCN-U(#1)夏休み(#1)ガンダム(#1)スリープ(#1)天板(#2)サーバー(#9)LAN(#1)NAS(#2)DLNA(#17)青の洞窟(#1)アップコンバート(#3)お風呂(#1)ブセナテラス(#1)超小型(#1)ISO14001(#1)REGZA(#24)マウス(#1)PIP-DOCK2(#2)英会話(#1)アップスケーリング(#1)レビュー(#1)プロジェクター(#2)CLIE(#1)TH-55(#1)iPod(#6)let's(#1)インターネットテレビ(#1)NetFront(#1)AT-ID5a(#1)スライブ(#1)NR-F433T(#1)
物欲リスト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。