スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

i-minimoの空気入れについて

ひさびさに「i-minimo」の話題です。

(しばらくみないうちにカラーバリエーションが変わりましたね。値段も少し安くなってますし。)

●関連記事
「i-minimo」試乗感
コンパクト折り畳み自転車「i-minimo」!!レビュー
コンパクトな折りたたみ自転車「i-minimo」その後


コンパクトな折り畳み自転車として一部に人気の「i-minimo」ですが、乗り始めて1年以上が経過しようやくタイヤの空気が抜けてしまいました。別にパンクしてしまったわけではないので空気を入れてやればいいのですが、手持ちの空気入れが使えるかどうかずっと気になってました。

今持っている空気入れはこんな感じ↓のやつです。

色といい形といい値段といいかなり類似していますが、近所のホームセンターで大分前に購入し、前に載っていた自転車ではよく使用していました。
たしかいろいろとコネクタが付いていたのでもしかしたらこのまま使えるんじゃないかと期待していたのですが・・・

たしかに先端のコネクタを交換することでいろんなタイプの自転車で空気を入れることが出来、i-minimoにも使えそうでした。しかし!、もうだいぶ古くなっていたのか、先端のアダプタを交換しようと力を込めて外そうとした瞬間、スポッと先端が抜けてしまったのです^^;どうにもならないくらいに・・・(泣)

ということで新たに空気入れを購入です。
出来れば安くてコンパクトなのがいいけど、i-minimoに対応してないと困るし・・・。といろいろと自転車屋などを見て回った結果、結局購入したのはこんな感じのやつ。理由はコンパクトで安い^^;。手だけで空気を入れることもできるし、足を使って本体を支えながらも使用できるようです。(実際はi-minmoには手だけで十分空気をいれられましたが。)

とにかく、i-minimoに空気を入れようと思ったら、「米式」というバルブに対応していればいいようです。

参考ページ↓
アトミックサイクル 自転車の空気の入れ方

これまで良く見慣れていたのは「英式」のバルブなんだということもはじめて知りました^^;
まあ、とにかく一般的な最近の空気入れなら結構対応しているようですね。

ただ、気を付けないといけない(と思う)のは、コンパクトなのがいい!ということでこういうやつ↓を選んでしまうと、「米式」バルブに対応していても、もしかするとi-minimoでは使えないかもしれません。


なぜかというと、i-minimoの最大のメリットでもあるコンパクトなボディ、特に12インチという径の小さいタイヤのため、肝心のバルブに空気入れを接続しようとしてもスポークなどが邪魔をして接続できない可能性があると思います。
なので、多少短めのチューブがついた一つ上のようなタイプを選ぶことをお勧めします。


●関連記事
「i-minimo」試乗感
コンパクト折り畳み自転車「i-minimo」!!レビュー
コンパクトな折りたたみ自転車「i-minimo」その後




最近はこんなのもあるみたいです。8インチ径とさらに小さいです。値段は・・・^^;


スポンサーサイト

tag : i-minimo

コンパクトな折りたたみ自転車「i-minimo」その後

コンパクトな折りたたみ自転車である「i-minimo」を購入して早1年近く(まだ10ヶ月ですが^^;)が経ちました。


個人的に一番心配していた耐久性についてご報告したいと思います。

結論としては、、、今のところ問題なし、です(笑)。
若干、イロモノ系に入るため、おそらく耐久性はどうなんだ、というのが一番心配されるところではなかろうかと。
ただ、今のところ走行には問題ありません。
「走行には」というのは深い意味はないんですが、まあそれなりに外装がところどころ剥がれたりといった変化はあります。当然、これは普通の自転車でも起こり得ますので「i-minimo」に限ったことではないですが。

ただ、僕個人の「i-minimo」の使い方・保管方法などは結構荒いです^^;
まあ、自宅での保管時もほぼ雨ざらし、職場でも他の自転車と混ざって駐輪し、当然風雨にさらされたり、他の自転車の転倒に巻き込まれていたり・・・というもっと大事にしろよ、という感じでしょうか(笑)
そんな感じで別に大事にしているわけでもないので、それなりの使用感は出ましたね。
ただ、今でも折りたたみ部分の可動はスムーズです。

ちなみに、たしか体重制限が70kgというのがあったと思うんですが、通勤時の荷物と自分の体重を合わせておそらく70kgは少し超えていると思ってますけど、壊れたりはしないです。ただ、サドルがちょっぴり下がる時がありますね^^;(それが体重制限の理由かもしれませんが)

というわけで、今のところ実用上は問題ありません。遠乗りにはおすすめしないというのは変わりませんけど(笑)

今回の記事はやっぱり当ブログを訪れてくれる人に結構、i-minimoをキーワードで検索してくれている人がいるみたいなので敢えて書いてみました。
何かの参考になれば、ということで。

●関連記事
「i-minimo」試乗感
コンパクト折り畳み自転車「i-minimo」!!レビュー


(またamazonでは在庫切れみたいですね^^;)


傷つけたくない壁に「ニンジャピン」

新築の家の壁や綺麗な部屋の壁にどうやって絵やカレンダーなどを固定するか、なかなか難しいところです。

理想的には、剥がしてもまったく跡が残らない両面テープのようなもので貼り付けられればいいんですが、カレンダー程度ならともかく、壁掛け時計といった比較的重量のあるものは強度の問題でむりですし。

ということで、やっぱり画鋲のようなものが一番なんですよね。でも刺した跡や刺している間も出来れば見えないのが良い。

いろいろ考えた結果、押しピンの本体も針も透明な素材で出来ているものを探せばいい、と思いつきました(笑)さっそくネットを探し回ってみましたが・・・無い^^; 本体部分はともかく、針の部分が透明な押しピンというのは皆無ですね。というか、透明ということはガラスかプラスチックのような素材ということになりますから、強度面で無理があるのかもしれません。

じゃあ、百歩譲って、刺した穴が抜いた跡も見えないような細い針があれば・・・と探してみましたが、これもおそらく同様に強度の問題で無し。

しかし、代わりに見つけました、それが「ニンジャピン」です。販売元はこちら(アッシュコンセプト)のようです。

ネーミングは怪しげですが、なかなかどうしてデザインとコンセプトはgoodです。

跡が残らない(残りにくい)ポイントは、ピンの部分のV字構造のようです。特にやや凹凸のある壁紙で特に跡が目立ちにくいということなのでうちの壁にはうってつけかもしれません。

まあ、押しピンにしてはややお高いですが、考案された方はデザイナーさんのようなのである程度はデザイン料とアイデア料でしょうね。さっそく注文してみました(笑)

そして・・・試してみたんですが、確かに、通常の押しピンに比べて格段に抜いた跡が目立ちませんね。ちょっとビックリです(笑)まあ、完全に跡が残らないかというと嘘になりますが、それも近づいてよく見ないとわからないくらいです。

これなら跡が残ることをあまり気にせずに、壁面ディスプレイとしていろいろとやってみようかなという気になります。

とりあえず、お気に入りのDVDをニンジャピン2つ刺した上に飾ったりしてみています^^ そのうち、いろいろとやってみようと思います。

ファブリックパネルを自作してみる

唐突ですが、うちの賃貸マンションは結構広くて壁は白一面でしかも比較的最近出来たので綺麗です。

住み始めて3年目に突入し、最近思い始めたのは「ちょっと壁が寂しい・・・かも」ということです。賃貸と言うこともあり、壁に画鋲を刺したり、粘着系のフックを取り付けたりというのも遠慮してしまうので余計に白一色の壁が目立ちます。

そうなると思い立ってはいつものことですがじっとしてはいられません。まず考えたのは壁に絵を飾るとかですが、結構センスが問われますから^^;

まあ、無難なところでおしゃれなカフェでよく飾っている布らしきものを比較的厚めの板?に貼り付けたインテリア・・・後になって、これを「ファブリックパネル」ということを知ったのですが・・・これを飾ってみようと思い立ちました。

まず、いつものようになるべく安くあげるために探してみますが、IKEAやニトリなどにも置いてはいるんですが、思ったほど安くなかったり、デザインが気に入らなかったり・・・。そもそも持ってみると意外に重い^^;どうやって壁に貼るかが難しい(跡を残したくないので・・・)

ネットで検索してみるとすごく気に入った柄はあるんですが、どうにもお高い(泣)とても買ってみて、やっぱりやめとこ、という飽きっぽい自分には出せません。

それじゃあ、やっぱり自分で作るしかないか、というのがいつもの流れですが、材料が問題です。一般的にファブリックパネルを自作する場合、角材とベニヤ板を買ってきて枠組みを作り、それにお気に入りの布を貼る、という感じになります。そうなると重量の問題や、結局いい値段になってしまうというジレンマにはまってしまうわけですね。

そこで加工がしやすくて安くて要らなくなったら捨てやすい(笑)、という素材として発泡スチロールが候補になりました。

いきつけのホームセンターに行ってみると、なんと正にファブリックパネルにぴったりのサイズ(30cm×30cm×2cm)の発泡スチロール板が売ってました^^ 発泡スチロールも切り出して加工しないといけないかな、と思っていたのでラッキーでしたね。(どこかのページに書いてありましたが、お勧めのサイズは黄金比に従うのが良いようです。)

しかも値段は一枚あたり¥200也^^

さっそく2枚購入してその足で布を探しにカーテン、布団カバー売り場へ。まさか店員さんも切り刻むために見に来てるとは思ってないでしょうね^^; いくつか候補はあったんですが、今ひとつしっくり来ず。

そのままニトリに行ってみました。そこで布団売り場で、ようやくこれなら、というものを見つけました。シングルの布団カバーで¥1200。思ったほど安くなかったですが、気に入れば何枚分かは出来そうなので購入。

そして布の固定用に布用のボンド、壁などに貼り付けても跡が残らずに剥がせるという両面シール(?)をダイソーで続けて購入^^

そして製作開始です。

1.まず、布のどこをパネル用に使用するかを決める。これが実は一番大事ですよね、結局^^;

2.布(今回は布団カバー)を発泡スチロールの大きさより大きめにカット。(今回は発泡スチロールが30cm×30cmなので60cm×60cm程度ならOKでした。)

3.切り取った布に念入りにアイロン掛け。(何年ぶりかにアイロン使いました^^;)

4.布を発泡スチロールの板に貼り付ける。というより、布で発泡スチロールの板を包装する、という方が正解かもしれません。

 ちなみに壁に貼り付けてしまうので、パネルの裏側はどうなっていても問題ありません。今回は、布用のボンドを購入していたんですが、結局使用せず、仮止めのつもりのクラフトテープ(ガムテープ)でべたべたと止めています。貼り付けるときに布がピンと張るように気を付けるのが大切です。

5.壁に貼り付け。本来のファブリックパネルなら、木の枠を壁のピンなどに引っかけるようですが、発泡スチロールではそのスペースが無いので前述の張って剥がせる両面シールを使います。このとき、素材自体が軽いので問題なく貼り付けることが出来ます。

 うちの壁は小さな凹凸が壁面に施されているタイプなんですが、それでもちゃんと固定できました^^ 

今回の制作費は・・・

一枚当たり、発泡スチロールの板¥200×2枚、布(一部)¥1200、貼り付け用のテープ¥100で2枚で合計¥1700くらいで出来ちゃいました^^

しかも製作時間はなんとたったの20分!!。2枚目はさらに短くて10分足らずで作れました(笑)

 完成図は↓の写真の通りですが、近づいてみても発泡スチロールで出来てるなんてわからないと思います。布のデザインも自分的には結構いい線いってるんじゃないかと(自画自賛ですが^^)。

ちゃんと本物のファブリックパネルみたいに厚みもあっていい感じです。

近づいてみても裏側がクラフトテープでべたべたに固定されているなんてわからないですよね?(笑)

まあ、柄については個人の好みがあると思いますが、初めて作ったにしては満足してます。

他に良さ気な柄を見つけたら簡単に作り替えられますし、飽きたらこのまま捨ててもOKですしね^^何よりローコストかつ短時間で製作可能なのがウリですね。

もし、ファブリックパネルが欲しいけど、値段で躊躇している方がいれば一度はお試ししてみてはどうでしょうか?

本物のファブリックパネルはこんな感じ↓で結構お高いです^^;

お風呂快適化計画~お風呂で音楽を聴こう3

ひさびさに風呂関連グッズですが、IDEAから出ている防滴ラジオ「フィット LHB026」というのを見つけました。
色遣いなんかがちょっぴりオシャレです。


裏に吸盤が付いているところに心遣いを感じますね。
せっかくデザインが良くてもつり下げたりするとかっこわるいですし。



値段も3000円程度と比較的安めだったり。

まあ、うちのお風呂は前回までで大きな不満が無く快適ですが。
敢えて言えば中古のiPod nano 3rd 4GBが10000円前後だったのでGIGABEATとの買い換えを悩んでるところ。





tag : 風呂 音楽

ブログ内の現在の位置
徒然なるブログ
 トップページ
  └ カテゴリー
        └ インテリア
プロフィール

albicans

Author:albicans
徒然なるブログへようこそ!
2010/3/5
100000Hit (O_o)WAO!!!
人気ブログランキングへ


現在の閲覧人数:


これまでの閲覧人数


カテゴリ
まとめプラグイン
09 | 2017/10 [GO]| 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ一覧 最新記事一覧 コメント一覧 トラックバック一覧
[カテゴリ一覧]
WEBコンサルティングのバンブーウエイブ
最新記事
タグクラウドV1.2a
プロジェクター(#2)PIP-DOCK2(#2)ドック(#1)青の洞窟(#1)L型(#1)windows7(#5)アップコンバート(#3)スライブ(#1)note(#4)コンパクト(#1)HDL-GS500(#3)マッサージ器(#1)Blu-ray(#1)DLNA(#17)アップデート(#1)NAS-C5(#1)夏休み(#1)iPod(#6)iPod用ドック(#2)NetFront(#1)PS3(#1)英語学習(#1)NR-F433T(#1)ヘッドセット(#1)W5(#2)バッファロー(#1)WiFi(#2)冷蔵庫(#1)ブセナテラス(#1)LAN(#1)マウス(#1)UltimateCS(#4)防水(#1)音楽(#1)ZV500(#11)nano(#3)Docomo(#1)REGZA(#24)ガンダム(#1)BF-01B(#1)let's(#1)サンワサプライ(#1)MD5000(#1)TH-55(#1)沖縄(#1)DPF-V700(#1)ubuntu(#3)ブラウザ(#1)デジタルフォトフレーム(#1)PF-50WG(#1)西表島(#1)音が出ない(#1)DLNAサーバー(#3)BlueSoleil(#1)石垣島(#1)ハセプロ(#1)ISO14001(#1)ホテル(#1)USB(#2)風呂(#1)softether(#1)DPF-D70(#1)TWONKY(#1)touch(#1)東京湾大華火祭(#1)シュノーケリング(#1)マジカルカーボン(#1)超小型(#1)Nero(#1)頭痛(#1)電源(#1)横浜(#3)PS2(#1)美ら海水族館(#1)インターネットテレビ(#1)レビュー(#1)Let'snote(#4)等身大(#1)サーバー(#9)お風呂(#1)天板(#2)トランスミッター(#1)BDレコーダー(#1)DVD(#2)ubuntu10.10(#1)TVersity(#6)HDCN-U(#1)Portable(#2)VGF-WA1(#1)TwonkyMedia(#1)MA-BTCARD(#1)ipod(#1)メモリ(#1)折り畳み自転車(#3)中華街(#1)Let's(#3)TMR-BT8iP(#1)BEGIN(#1)アダプタ(#1)車載(#2)発火(#1)AT-ID5a(#1)自転車(#1)i-minimo(#5)英会話(#1)Bluetooth(#4)スリープ(#1)virtualbox(#1)アップスケーリング(#1)ホームシアター(#2)バッテリー交換(#1)NAS(#2)CLIE(#1)トランスコード(#1)
物欲リスト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。