スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お風呂快適化計画~お風呂で音楽を聴こう4 「ipod touch対応防水ケース」

寒くなって風呂に湯を張ることが多くなってきました。
昔からシャワー派だったので風呂にゆっくり浸かるのが苦手で以前にもいろいろとトライしてきましたが、ふろ用スピーカーも電源問題などもあり、最近はめっきりipodではなくラジオ用として使用していました。

●関連ページ
お風呂快適化計画~お風呂で音楽を聴こう1
お風呂快適化計画~お風呂で音楽を聴こう2

そんな中、最近ハマっているのが、ipod touchを購入してから新たに考えていたお風呂でipod touchが使いたい、というものでした。ipod nanoに比べてipod touchの利点は、ネットにそれだけでアクセスできてpod castもそれ単体でダウンロード出来るという便利さのためです。
ipod touchを購入してからはipod nanoはおそらく充電が切れたままお風呂用スピーカーの中で眠っています^^;

まあ、それはよしとして・・・
今回のおすすめはこれ↓
waterwear.jpg


ipod touchとiphone対応の防水ケースです。
厳密には「防滴」のようですが、お風呂で使用しても全く問題ありません。
まあ、シャワーがかかったり、ちょっと水面に落としたりくらいでは問題ないです。

うちでの使用方法は、
ケースに入れてお風呂に持って入り、湯船に浸かりながらpodcastを聞いたり、ネットサーフィンをしたり、ストリーミングでテレビを観たりしながら長い時で1時間程度使用しています。もちろん無線LAN環境があれば全く問題なくネットに接続できます。
その後、シャンプーしたり身体を洗ったりしますが、その時にもイヤホンが防水なので付けたまま洗うのも問題なしでした。イヤホンはカナル型(耳にぴったりはまり込むタイプ)で使い勝手はいいですが、音は防水イヤホンだからなのか、ややこもった音になりますね。このへんは好みの分かれるところですが、防水のイヤホンを自前で持っているという人もそういないでしょうから比べようが無いと思います。
まあ防水という特殊用途を考えるとこういうモノかもしれませんね。
風呂から上がったあとは表面をタオルで拭いたあと、ipod touchを取り出して防水ケース本体は脱衣所にあるフックに掛けて乾かす感じです。
表面がクリア素材ですので画面の視認性は問題ないですし、ケースを通してのipod touchの操作も基本的に問題ないですね。ただ、本体を入れてケースを閉じるときに気持ち空気を抜いておかないと空気がたくさん入った状態だと、表面をタッチするときにペコペコして押しづらいです^^
もう4,5ヶ月前に購入していますが、特に透明度が落ちることもなく、水が浸水してくることもないですがやはり耐久性が気になるところです。
うちで購入したのはおそらく今販売されているものの前のものですが、耐久性は今のモノのほうが上がっているようですね。

暖かくなるとあまり使わなくてもよくなりますから危険を感じる前に買い換えるのも精神的には安心かもしれません。値段も手頃だと思いますから早めに買い換えるというのもそう問題にはならないのではないでしょうか?

イヤホンに縛られない使い方としては以前に紹介したお風呂用スピーカーがいいですが、こちらはスピーカーの電池の問題と、プレイヤーなどを出し入れする手間があります。
この防水ケースであれば電源はipod touchのみで足りますし、出し入れするのも簡単です。
まあ、要は使い分けというものでしょう。

●関連ページ
お風呂快適化計画~お風呂で音楽を聴こう1
お風呂快適化計画~お風呂で音楽を聴こう2

もう気がつけば2年以上前の記事になるんですね。。。2年以上続けられていることにあらためて驚き^^;



スピーカーの方は意外にラジオがおすすめですね。プレイヤーからの出力に比べて格段に電池が長持ちします。
まあ、普通のポータブルラジオを考えるとそうそう電池交換しないでしょうから、それくらいの長持ちは期待できるんでしょうね。


スポンサーサイト

tag : お風呂 ipod touch 防水

iPod touch 3rd対応ドック(PIP-DOCK2)車載レビュー

というわけで(なにが^^;)、先日購入し、めでたく第3世代iPod touch(3rd?)に対応していたPIP-DOCK2(B)についてのレビューなんですが。

うちでは主に車載を目的にしていますので、そういう視点でお願いします。

まず、うちのFitにはあまり設置場所の余裕がありません。

フロント部分に設置するとなるとPIP-DOCK2+iPod touch自体の高さのため視野をふさぐ感じになりますのでそこへの設置は諦めざるを得ません(泣)。リモコンの操作を考えるとベストなんですけどね・・・

参考までにうちのFitとほぼ同型の車内写真をネットから転載させてもらいました。

ということで設置するべき場所は操作性などを考えて、中央のギアの前のスペースですね。(ドリンクホルダーと大きめの小物入れがある部分ですね。)

こんな感じ(笑)あくまで仮の設置ですので、固定もマジックテープだったり^^;。ホントはドリンクホルダーにはまってくれると安定するんですが、一回り大きいんです。ただ、ドリンクホルダーにはまりこんでしまうと、今度はリモコン受光部を塞いでしまうのでボツですが。

ここに安定した足場を作ってやればいろいろなものの設置が安定するんですけど、時間が・・・^^;

↑PIP-DOCK2の正面には青色LEDが光ってます。その少し下にリモコン受光部があります。

横から見るとこんな感じ。本体の後ろにいわゆるRCAケーブルや電源を刺す形になります。そのためぴったり背後の壁に寄せることは出来ません。(Fitの場合、後側に小物入れがあるのでそこにケーブル類を落とし込むことにしてます。)ちょっぴり見えていますが、iPod touchを立てる部分の後ろにリモコン収納用の穴があります。

うちではAVセレクターを介して音声は車のAUX端子へ、画像は液晶モニターへ分配してやっています。他にも液晶を使用する機器を積んでいますので^^;

付属のリモコンです。まあ、シンプルな作りですね。これでPIP-DOCK2を通してほとんどの操作が可能です。大きさは・・・片手で運転しながら使うのにちょうど良いくらいでしょうか。(一般的なボタン型電池で動作します。電池は付属していました。)

こんな感じで車載用の液晶テレビ(8インチワイド)に出力可能です。(写真はどちらもVIDEO podcastですが、字幕なども十分に読めるレベルです。)

ちなみにこの液晶テレビも自分で取り付けたものですが、ナビがついている車であれば外部入力端子があれば同様に出力可能でしょう。

自宅のREGZA ZV500にも出力してみましたが、流石に42インチに出力するとブロック状の荒さが目立つ画像になりますが、車載用の一般的なモニターであればまったく問題ないでしょうね。

もちろん、音楽や通常の音声だけのpodcastの再生時は液晶は映像信号が無いときの表示になります。うちの液晶であればいわゆるブルースクリーンですが。

VIDEO podcastを液晶に出力しているときのiPod touch本体の液晶はこんな感じでそのpodcastのタイトル画像(?)が静止画で表示されることになります。画面の下に一時停止や早送り/巻き戻し、音量なども表示されていますのでこちら側での操作も可能です。

といった感じで本来の目的であった音声や動画のスムーズな出力と、iPod touchの充電は達成されています。リモコンでの操作も受光範囲が広めのようですので問題ありません。

ただ、一旦iPod touchを外して、もう一度接続し直したときにデフォルトの音量が中くらいに戻されてしまうのが自分としてはちょっぴり不満ですかね。デフォルトの音量ではやはり小さめなので音量を大きくする必要があります。ただこれは最大音量のまま接続されたりしてスピーカーや機械自体、突然な大音量による人体への影響など安全性を考慮してのことでしょうからむしろ評価するべきでしょうね。

あとは前回も書きましたがiPod touch自体の高さもあるので、急ブレーキなどで本体への加速度がかかると、ドック接続部分への過負荷がかかるんじゃないかという危惧が残ります^^;まあ、実際はiPod touch自体の重量が軽いのでたいした力もかからないんでしょうが。

まだまだメーカー自体が第3世代iPod touchへのドックやスピーカーの正式対応を明記していないものが多い(iPod touchは2ndまでというのが多い^^;)中でなかなか選択に困るところが多かったですが、値段的にもどちらかというとリーズナブルな値段設定なわりにリモコンも付いているしデザインも(ここは好みの分かれるところですが)良いんじゃないかと。

もし第3世代iPod touch用のドックを探している方がいればとりあえずお勧めですね。もちろん自宅用としても。

●関連記事

ようやく?iPod touch 3G対応のスピーカー&動画出力用ドック その1

iPod touch 3rd対応ドック(PIP-DOCK2)車載レビュー

iPod nano 3rd 対応ドック機能付きスタンド

iPod nano 3rd 対応ドック機能付きスタンド「AT-ID5a」 車載レポート

tag : PIP-DOCK2 iPod用ドック 車載

ようやく?iPod touch 3G対応のスピーカー&動画出力用ドック その1

iPod touch第3世代を購入して毎日愛用していますが、これまで使っていたドックが充電にも音声出力にも対応してくれなくなってしまったので、代替品を探していました。

なかなかiPod touch第2世代までの対応するものはありましたが、第3世代への対応を明示しているものが無くまた、情報もまだあまり無いようです。

ということで少ない情報を集めて購入に踏み切ったのがこれ↓

プリンストンテクノロジー リモコン付き iPod専用Dock ブラック PIP-DOCK2B

(白もありますけど。うちでは黒を買いました^^)

値段が他の同等機能のドックと比較して安めだったのでちょっとどうかなと思いながらも、ダメ元で購入したんですがこれが正解!!

iPod touch第3世代での充電・音声出力はもちろん、podcast(VIDEO)や動画再生についてもスムーズに出力してくれました。

以前のドックはiPod nano 3rdに対応して、動画出力にも対応していたんですが、nanoのほうでいちいち動画の外部出力をオン・オフしないといけなかったので煩わしかったんですが、その点、今回購入したPIP-DOCK2は、動画や動画付きのpodcastの再生の時には特に普通に再生ボタンを押すだけでテレビに出力されます(^^)。非常に快適!

ちなみにリモコンでの操作も問題なく、iPod touchのミュージックのアルバム単位やアーティスト単位、すべての曲、プレイリストの選択などもリモコンで操作可能です。

実際の使用状況などについては後日レビューしようと思っていますが、現時点での若干残念な点について。

●音楽や動画の外部出力が、iPod touch標準のミュージックやビデオフォルダのものしか出来ない。

→つまり、定番アプリのGood readerなどでiPod touchに転送している音楽や動画については外部出力出来ないようです。まあ、これは使い方次第で問題視しない方もいるかと思いますが。

●いわゆる「ロック状態」(しばらく触らずにいたら次に触ったときに表示される「ロック解除」の画面のこと)では再生・停止・曲送りなどの操作はそのままでリモコンで可能なんですが、本体の画面表示は「ロック解除」画面のままになる。

→ロック状態になる時間を短く設定していると若干面倒ですね。もちろんiPod touch側を操作してロック解除してやればいいことなんですけどね。ただ、そのままでもリモコンで操作はできるのでこれも好みでしょうか。

●iPod touchを刺しているとちょっと安定感が・・・^^;

→ドックコネクタだけで支えられている感じになるので力が加わったらドックコネクタが壊れるんじゃないかと。とくにうちでは車載用として使用しているので、急ブレーキや走行中にiPod touch本体を操作しようとするとちょっと怖いです^^; 自宅で使う分には見た目もスマートで収まりが良いんですけどね。背中側にちょっと支えを付けてやりたくなります。

●リモコン収納部分がiPod touchの裏側にある

→これもうちでの使い方が悪いんですが。iPod touchの裏側にリモコン収納部分があるので、iPod touchを刺しているときはiPod touch本体が邪魔でリモコンを収納部分に刺しにくいんです。まあ、手元のグローブボックスなどにリモコンは置いておけばいいことなんですが、せっかく収納部分がついているので普段はそこに置いておきたいです。

まあ、上記の問題点というのはほとんどが車載用として使用した場合の問題点なわけですが。自宅でコンポなどの横に設置して使用するなら実に快適でしょうね。

そのうち、iPod touch第3世代対応と銘打ったドックが徐々に出てくると思いますが、現時点では値段的にも性能的にもお勧めはこれですね(笑)

車載での使用状況などについては後日レビュー使用と思います^^

●関連記事

ようやく?iPod touch 3G対応のスピーカー&動画出力用ドック その1

iPod touch 3rd対応ドック(PIP-DOCK2)車載レビュー

iPod nano 3rd 対応ドック機能付きスタンド

iPod nano 3rd 対応ドック機能付きスタンド「AT-ID5a」 車載レポート

tag : PIP-DOCK2 iPod用ドック 車載

iPod touchとのデータ転送について その3(PLANEX GW-USMicroNでインターネット共有 2)

正月早々まだこんなことをやってます^^;

昨日の記事で書いたんですが、実家のノートパソコンとGW-USMicroNをルーターとして、自分のノートパソコンを無線LAN、iPod touchをWiFi経由で接続しようとして手こずっていたんですが・・・

なんとか出来るようになりました。しかも昨日と違ってちゃんとある程度のセキュリティ付きの状況で^^

結論としては、GW-USMicroNのクライアントマネージャーの設定で「認証タイプ」がデフォルトで「シェアード」になっているんですが、これを「オープンシステム」にして「暗号化タイプ」を「WEP」にすることで、iPod touchからもレッツノートW5からも接続可能になりました

(この写真ではWEPキーがASCIIになってますが、16進数でOKです。)

一応、この状態で安定して接続が維持出来ており、一度他の設定にしたあとでも今回は再現可能でした。

ちなみに今回調べたんですが、iPod touchのネットワークセキュリティはかなり高度なところまで対応して居るんですね^^;

コレガのHPにあるiPod touchの対応セキュリティレベルについて

2007年のiPod touchについての情報ですがその時点で、WEPはもとよりWPA/WPA2まで少なくとも対応しているようです。うちで試したところでは確かにその通りのようです。うちのiPod touchは第3世代ですが、セキュリティレベルへの対応が後退することはないでしょうから当然といえば当然ですが^^;

しかし、一番足を引っ張っていたのはうちのレッツノートW5の方でした^^;

原因は不明ですが、この商品のセキュリティ設定をオープンシステム以外にすると、アクセスポイントへの接続が、接続と切断を繰り返す状態になってしまい、とても使い物になりません^^; 自宅の方ではWEPはもちろんWPAなどにも対応して居るんですが、相性なんでしょうか。

まあ、もう5年近く前のノート内蔵の無線LANなので仕方無いのかもしれませんが、レッツノートが原因で無線LANのセキュリティを下げないといけないということがちょっとショックですね(泣)。

ただ、今回使用している認証タイプの「オープンシステム」についてはデフォルトの「シェアード」に比べてむしろセキュリティ面で有利かもしれないという話もありますから昨日やっていたようなMACアドレスフィルタのみの環境に比べるとずいぶんマシでしょうね。

こちらのページからの引用ですが

実質的に認証が行われないOpen認証よりも、暗号化のために設定しているWEPキーを利用した認証方式であるShared-key認証の方がセキュリティが高いように思えますが、Shared-key認証の場合、中間者攻撃などでWEPキーが見破られると、不正認証とデータの不正傍受も行われてしまいます。一方、Open認証では認証が成功することで、あるAPのESSに仲間入りすることができますが、不正認証はされるもののデータの不正傍受は行われることはありません。以上のことから、認証方式は [ Open認証 ] が推奨とされています。

 但し、Open認証において簡単に不正認証が行われることは大問題であるので、Open認証を使用する場合実際の認証は、IEEE802.1X認証またはWeb認証などを実装することが推奨であり一般的な実装と言えます。

とのことです。

上のページは無線LANのセキュリティについて非常にわかりやすく書いてあり参考になります。

それにしてもとりあえず無線LAN問題については解決したのでほっと一息というところです。ようやく落ち着いて正月が過ごせます^^

○関連記事

iPod touchとのデータ転送について その1(PLANEX GW-USMicroNレビュー)

iPod touchとのデータ転送について その2(PLANEX GW-USMicroNでインターネット共有)

iPod touchとのデータ転送について その3(PLANEX GW-USMicroNでインターネット共有 2)

iPod touchとのデータ転送について その4(Netdriveとの併用)

WebDAVを使ってみた

iPod touchとのデータ転送について その2(PLANEX GW-USMicroNでインターネット共有)

現在、帰省中です。

前にも書いたように、実家のネットワーク環境の変化により無線LAN環境が無くなっており、しかもルーターのACアダプタが破壊されているという状況で復旧が困難でした。

 そこで考えたのが、前の記事で触れた「PLANEX GW-USMicroN」を使ってインターネット共有を実現してしまおうということです。

iPod touchとのデータ転送について その1(PLANEX GW-USMicroN)

想定するイメージとしては下のようなものです。

   WAN(光ファイバー)

      |

    有線LAN

      | 

 実家ノートパソコン+GW-USMicroN

               |

              WiFi

               |

               |-----------

               |              |

            レッツノート          iPod touch

まあ、早い話が実家のノートパソコンを簡易ルーターにしてしまうということですね。

 イメージは非常に簡単で直ぐに出来るものと思っていたんですが、なかなかどうして設定に非常に苦労しました^^;

 なにしろレッツノートの内蔵無線LANとiPod touchを接続しようとするとなぜかうまくいかないんです(泣)比較的簡単だったのはiPod touchです。

実家のパソコンの方にGW-USMicroNのソフトウェアをインストールして、本体をUSBに刺して・・・とここまではいつも通り。

あとは、クライアントマネージャーというGW-USMicroNの設定用ソフトで「インターネットの共有接続を有効にする」にチェックを入れるだけ。

これで、iPod touchからはSafariを通じてネットに接続出来ました。

しかし・・・

レッツノートとの共存が出来ない(泣)繋がったと思っても数秒ごとにアクセスポイントをロストして再接続、もしくは見つからない。オフライン状態になったり・・・とトラブル全開^^;

結局、ノートパソコンのセキュリティをWEPにしてもWPSにしてもAESにしても無理。そもそもiPod touchのほうがWEPにしか対応していない(?)のでそれ以外の設定は無理。

ということで、最終的にどうしたかというと、暗号化を無しにしちゃいました^^;

そもそもそんなに大事な通信内容もありませんし、この無線が届く範囲内の実家周辺に無線LANを傍受しようなんていう人がいるとも思えませんし(ちゃんと設定できない言い訳じゃないですよ^^;)

そのかわりといってはなんですが、iPod touchとレッツノートとのMACアドレスを使ったフィルターを掛けて他からは接続できないようにしています。

とりあえず、この状態でならレッツノートもiPod touchもどちらもインターネットに接続できる環境が手に入っています。

ちょっと頭を整理してもう一度設定にチャレンジしてみようとは思いますが、実家に居る間だけなのでこれでもいいかなぁ・・・と自分に言い聞かせています^^

2009/1/1 追記:

昨日、上のようにとりあえず接続できたのでその接続設定を覚えておいた上で、いろいろとセキュリティの設定を変えてみたりと頑張ってみました。で、結局ダメだったのでもとの設定に戻したんですが・・・つながらねぇ~ってどういうこと??完全にもとの設定に戻したんですが、電波は飛んでいるものの、接続しようとするとタイムアウトになってしまって接続不可となってしまいます^^;

どうなってるのやらわかりませんが、繋がらないのはとりあえずレッツノートの方だけで、iPod touchの方は快適にネット環境が維持されています。

まあ、あまり悩んでも仕方ないのでとりあえず128kbpsで繋いでます(泣)どうしてもブロードバンドにしたかったら実家のパソコンから有線のケーブルを奪い取ればいいんですけど、短すぎてこたつのところまで届かないもので・・・(笑)

2009/1/2 追記

無線LANの問題、なんとか解決しました。詳細はこちら↓

iPod touchとのデータ転送について その3(PLANEX GW-USMicroNでインターネット共有 2)

○関連記事

iPod touchとのデータ転送について その1(PLANEX GW-USMicroNレビュー)

iPod touchとのデータ転送について その2(PLANEX GW-USMicroNでインターネット共有)

iPod touchとのデータ転送について その3(PLANEX GW-USMicroNでインターネット共有 2)

iPod touchとのデータ転送について その4(Netdriveとの併用)

WebDAVを使ってみた

ブログ内の現在の位置
徒然なるブログ
 トップページ
  └ カテゴリー
        └ iPod関連
プロフィール

albicans

Author:albicans
徒然なるブログへようこそ!
2010/3/5
100000Hit (O_o)WAO!!!
人気ブログランキングへ


現在の閲覧人数:


これまでの閲覧人数


カテゴリ
まとめプラグイン
07 | 2017/08 [GO]| 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ一覧 最新記事一覧 コメント一覧 トラックバック一覧
[カテゴリ一覧]
WEBコンサルティングのバンブーウエイブ
最新記事
タグクラウドV1.2a
天板(#2)アップコンバート(#3)ホームシアター(#2)発火(#1)超小型(#1)Let's(#3)USB(#2)スリープ(#1)音楽(#1)マジカルカーボン(#1)AT-ID5a(#1)BlueSoleil(#1)Bluetooth(#4)西表島(#1)virtualbox(#1)nano(#3)インターネットテレビ(#1)DLNAサーバー(#3)DLNA(#17)石垣島(#1)英会話(#1)ハセプロ(#1)TMR-BT8iP(#1)ブセナテラス(#1)VGF-WA1(#1)REGZA(#24)バッテリー交換(#1)デジタルフォトフレーム(#1)PIP-DOCK2(#2)PS2(#1)風呂(#1)UltimateCS(#4)コンパクト(#1)BEGIN(#1)NAS(#2)NR-F433T(#1)TH-55(#1)ipod(#1)東京湾大華火祭(#1)W5(#2)メモリ(#1)BF-01B(#1)ホテル(#1)Blu-ray(#1)softether(#1)TWONKY(#1)プロジェクター(#2)PS3(#1)ヘッドセット(#1)Portable(#2)防水(#1)i-minimo(#5)ubuntu(#3)頭痛(#1)レビュー(#1)touch(#1)MA-BTCARD(#1)中華街(#1)NetFront(#1)ガンダム(#1)沖縄(#1)車載(#2)横浜(#3)ドック(#1)自転車(#1)ZV500(#11)DVD(#2)HDL-GS500(#3)音が出ない(#1)青の洞窟(#1)ブラウザ(#1)Let'snote(#4)折り畳み自転車(#3)電源(#1)冷蔵庫(#1)英語学習(#1)バッファロー(#1)iPod用ドック(#2)PF-50WG(#1)TwonkyMedia(#1)HDCN-U(#1)サーバー(#9)マッサージ器(#1)L型(#1)お風呂(#1)ubuntu10.10(#1)iPod(#6)Nero(#1)DPF-D70(#1)トランスコード(#1)Docomo(#1)TVersity(#6)note(#4)アダプタ(#1)マウス(#1)let's(#1)DPF-V700(#1)夏休み(#1)LAN(#1)NAS-C5(#1)CLIE(#1)WiFi(#2)windows7(#5)MD5000(#1)サンワサプライ(#1)等身大(#1)スライブ(#1)アップスケーリング(#1)BDレコーダー(#1)トランスミッター(#1)美ら海水族館(#1)アップデート(#1)シュノーケリング(#1)ISO14001(#1)
物欲リスト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。