スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ubuntu10.10]virtual boxにubuntu10.10をインストールしてみる。

今のところwindowsとubuntuのデュアルブート環境でいろいろいじっているところなんですが、wubiでubuntuをインストールした関係上、ubuntu側ではハイバネーションが使用できないのが唯一の(?)難点です。
普段はwindowsを休止状態にしているので、いちいち起動しないといけないようではubuntuで通常業務を行なうのに支障がでてしまいます。少しいじるにもwindowsを再起動しないといけないと思うと少し面倒ですし。
普通にインストールしてデュアル環境を構築すればこの問題は解消するんですが、仕事でメインで使用しているマシンでそれを行なうには不具合があったときに困ります。

ということでもう少し簡単にubuntuをいじることが出来るように昔懐かしい(?)仮想PCにubuntu10.10を導入してみることにしました。
今回使用したのはOracleの Virtualbox ver4.00です。
昔はVirtualPCが結構使い勝手が良かった気がしますが、今回は完全無償化されたVirtualboxを使用してみます。
他にもVM wareとか使ったことがありますが、当時の非力なマシンではそもそもエミュレーション自体がパワー不足で日常業務には耐えなかった記憶があります。

さて・・・
http://www.virtualbox.org/
こちらのページから2010月12月22日にリリースされたばかりのVirtualbox ver4.00をダウンロードしてインストールしておきます。
インストールも簡単で指示に従うだけですね。ただ、仮想LANドライバなどのインストール時に何度もwindowsのセキュリティ関連の警告メッセージが出るので初心者は不安になるかもしれませんが^^;

そして、起動した画面がこれ↓
1.jpg
ところで、oracleのダウンロードページには
VirtualBox 4.0 Oracle VM VirtualBox Extension Pack
というのもダウンロード可能です。一緒にダウンロードしておいたのでとりあえずインストールしておきます。
1-1.jpg
環境設定から入って機能拡張タブで右クリック
2.jpg
ダウンロードしておいたファイルを指定してやります。
3.jpg
インストールが始まるんですが・・・
4.jpg
このようにエラーメッセージと共にインストールが失敗します。
5.jpg
まったくマニュアルなどをみずにやっていたので調べてみると、とりあえず、USB2.0関連の拡張パックのよう。たしかに先日ubuntu10.10上でvirtualboxをインストールしたときにはそれらしいエラーが出ていたなぁ・・・と思い出しました。今回のwindows上でのインストールでは特にそういったエラーがでなかったのでとりあえずインストールせずに進むことに。
6.jpg
とりあえず新規に仮想PCを作製します。マシンの名前を「ubuntu 10.10」と付けたら、自動でOSタイプが「ubuntu」になってくれました。細かいところですが好感が持てます(笑)。
7.jpg
ホストOSの光学ドライブをゲストOSに簡単にマウントできるので、普通にubuntuのCDからインストール開始出来ます。(光学ドライブの設定は「設定」から簡単に変更可能。isoイメージなどのディスクイメージもマウント出来るので便利です。そのほうがインストールは早いと思いますし。)
8.jpg
で、あとは画面の指示通り「ubuntuのインストール」を行います。
9.jpg
ゲストOSがネットにつながっていれば自動でネットワークの設定もしてくれるので、「インストール中にアップデートをインストールする」やサードパーティ・ソフトウェアのインストールもチェックしておいたほうが簡単でしょう。
10.jpg
今回は作成した仮想PCのHDDをすべてubuntu用に割り当てます。
11.jpg
タイムゾーンの設定を確認して
12.jpg
キーボードレイアウトはJapan-Japanでいいでしょう。
13.jpg
14.jpg
個人情報の設定などをしていきます。
この間にも下のプログレスバーが進んでいくのでバックグラウンドでファイルコピーが進行しているようで、このへんも良い感じです。何度もする作業では無いと思いますが、早いことはいいことでしょう。
15.jpg
なんだかんだでインストール完了。再起動後、上記のログイン画面が表示されます。
16.jpg
非常に簡単にインストール出来ますね。動作もcore solo, 1.5GBメモリの非力なlet's note W5でややマウスが遅れる感じがありますが、まあエミュレーターとしては許容範囲内でしょう。

ネットの設定も自動でやってくれているので、最初からネットも観られますし、これでいろいろと実験が出来そうです。

ところで、8枚目の写真にあるように、virtualboxではホストOSとゲストOSの間でマウス入力がシームレスに動作します。つまり、virtualboxで動作中のゲストOSのwindow上でクリックすると、そのクリックはゲストOSに対して自動的に送られることになります。これは非常に便利なんですが、今回インストール画面のスクリーンキャプチャを行なうに当たってはちょっとややこしいことになりました。インストール中に当然virtualbox中のubuntuがアクティブになっているんですがその状態で「print screen」でキャプチャをしようとすると、それがubuntu側で受け取られてしまうので、スクリーンを撮ろうと思ったら一旦ホストOS上のタスクバーなどをクリックしてホストOS側をアクティブにしておかないと「print screen」が効きません。細かいところですが一応注意を。
スポンサーサイト

tag : ubuntu10.10 virtualbox

ブログ内の現在の位置
徒然なるブログ
 トップページ
  └ [タグ] ubuntu10.10
プロフィール

albicans

Author:albicans
徒然なるブログへようこそ!
2010/3/5
100000Hit (O_o)WAO!!!
人気ブログランキングへ


現在の閲覧人数:


これまでの閲覧人数


カテゴリ
まとめプラグイン
07 | 2017/08 [GO]| 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ一覧 最新記事一覧 コメント一覧 トラックバック一覧
[カテゴリ一覧]
WEBコンサルティングのバンブーウエイブ
最新記事
タグクラウドV1.2a
バッファロー(#1)Nero(#1)L型(#1)DVD(#2)DPF-D70(#1)シュノーケリング(#1)BEGIN(#1)Bluetooth(#4)Let's(#3)発火(#1)電源(#1)Let'snote(#4)virtualbox(#1)沖縄(#1)TWONKY(#1)Portable(#2)NAS-C5(#1)BF-01B(#1)DLNAサーバー(#3)西表島(#1)ドック(#1)PF-50WG(#1)BlueSoleil(#1)マッサージ器(#1)TVersity(#6)メモリ(#1)Blu-ray(#1)WiFi(#2)頭痛(#1)音楽(#1)BDレコーダー(#1)ホームシアター(#2)自転車(#1)トランスコード(#1)バッテリー交換(#1)Docomo(#1)note(#4)マジカルカーボン(#1)アップデート(#1)USB(#2)横浜(#3)PS2(#1)英語学習(#1)touch(#1)冷蔵庫(#1)softether(#1)石垣島(#1)ヘッドセット(#1)iPod用ドック(#2)東京湾大華火祭(#1)コンパクト(#1)中華街(#1)nano(#3)ブラウザ(#1)ホテル(#1)車載(#2)折り畳み自転車(#3)windows7(#5)MD5000(#1)ubuntu(#3)音が出ない(#1)美ら海水族館(#1)i-minimo(#5)等身大(#1)ipod(#1)TMR-BT8iP(#1)サンワサプライ(#1)トランスミッター(#1)HDL-GS500(#3)ubuntu10.10(#1)ZV500(#11)UltimateCS(#4)風呂(#1)防水(#1)VGF-WA1(#1)PS3(#1)デジタルフォトフレーム(#1)W5(#2)MA-BTCARD(#1)DPF-V700(#1)ハセプロ(#1)TwonkyMedia(#1)アダプタ(#1)HDCN-U(#1)夏休み(#1)ガンダム(#1)スリープ(#1)天板(#2)サーバー(#9)LAN(#1)NAS(#2)DLNA(#17)青の洞窟(#1)アップコンバート(#3)お風呂(#1)ブセナテラス(#1)超小型(#1)ISO14001(#1)REGZA(#24)マウス(#1)PIP-DOCK2(#2)英会話(#1)アップスケーリング(#1)レビュー(#1)プロジェクター(#2)CLIE(#1)TH-55(#1)iPod(#6)let's(#1)インターネットテレビ(#1)NetFront(#1)AT-ID5a(#1)スライブ(#1)NR-F433T(#1)
物欲リスト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。