スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Bluetoothが熱い!!その3(BlueSoleilのインストール)

人気ブログランキングへ
先日、Bluetoothヘッドセット(LBT-HP110C2)を導入して快適な音楽生活を送っていたが、ふと気づくとwinampでの操作がLBT-HP110C2からは効かない???正確に言うと、音量はアップダウンが可能だが、早送り・巻き戻しや再生・停止の操作をしようとすると、WMPが立ち上がってしまうのだ。
オプションの設定画面で、AVコントロール用のソフトを設定するところがあるが、WMPしか表示されない(泣)。インストールする順序でうまく検出できなかったのかと、念のため一度Bluetoothドライバとソフトをインストールし直してみたが結果は同じ^^;

デスクトップだけの現象かと念のためノートPCのほうでも確かめてみると、たしかにwinampの操作が出来なかった(なぜこれまで気づかなかったのか謎^^;)。
まあ、別に頻繁に操作する必要も無いのでいいのかもしれないが、せめて再生・停止くらいは出来てほしいものである。それに、某ブログの記事でたしかにBluetoothでwinampの操作が出来たとあったはず。となると、なぜ出来ないのかが気になってしまった。

ネットを検索して改めて確かめると、どうやらBluetoothのドライバ(というか操作用のアプリ?)が問題らしい。うちで使っていたのはTOSHIBA製のBluetooth用ドライバ&ソフトで、まあ使っていて特に気にしていなかったのであるが、winampを操作出来たとするページで使用しているソフトは「BlueSoleil」というソフトらしい。どうもドライバソフト側の問題な気が・・・。

というわけで、TOSHIBAのドライバ&ソフトをアンインストールし、BlueSoleilを入れてみたところwinampの操作は問題なく可能になった
なにやらTOSHIBAのドライバと違って、インストール時についでにいろいろとインストールされるようであるが、それがWMP以外の操作もかのうとするらしい。
BlueSoleilのHPでは自分が使っているBluetoothアダプタがBluesoleilに対応しているかチェックするプログラムがDownload出来るので事前にそれを走らせてみることをお勧めする。(おそらく大体のアダプタで動作するものと思うが。)

BlueSoleilのページ

アダプタのチェックツールは、トップページから「Free download」へ進んで左下の「Hardware check tool」からダウンロード出来ます。
体験版もあるので自分の環境で試せるのもいいかも。ちなみに製品版は19ユーロです。
Bluetoothアダプタの中にはBlueSoleilがもともと付属しているものもあるようなので思い切ってそちらを購入するほうが安上がりな場合もあるかも。

ちなみに、BlueSoleilの「Soleil」はフランス語で「太陽」という意味だそうです。あの有名サーカス「シルクドソレイユ」も「CIRQUE DU SOLEIL」で、フランス語を直訳すると「太陽のサーカス」という意味みたいですね。(以前、ディズニーに行ったときに建物は目にしていましたが、恥ずかしながら意味は知りませんでした^^;)
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

tag : Bluetooth BlueSoleil

Bluetoothが熱い!!その2(Logitec LBT-HP110C2レビュー)

人気ブログランキングへ前回iPod用Bluetoothアダプタ(TMR-BT8iP)と併せて購入したのがこれ↓
Logitec LBT-HP110C2。ヘッドフォンなどの音響メーカーとしては?なLogitecですが、PC周辺機器としてはメジャーということで他にもSANWAサプライやSONYのヘッドフォンもありましたが、大きさやデザインなども考慮してこれに決めました。
AA280.jpg
Bluetoothのロゴからもわかるように、Bluetooth用のヘッドセットです。
もともとは小さい片耳タイプで目立たないようなイヤフォンを探していたんですが、某電気店でこれ(LBT-HP110C2)を見かけてそのデザインのシンプルさや他の商品に比べて小さいことに惹かれました。
値段は・・・まあBluetoothヘッドセットとしては中の上くらいでしょうか^^;
Amazonでの評判はさまざまですが。(Logitec Bluetooth対応ワイヤレスヘッドフォン LBT-HP110C2

値段的にちょっと悩みましたが、その電気屋ではポイントがたまっていたのでポイントで購入しちゃいました^^。でも使ってみて、これならお金を出しても購入する価値があると思いましたね。
ちなみにBluetooth用のヘッドセットはこれが一台目なので比較ができませんが^^;
P1050307.jpg
外観はこんな感じ。両耳のヘッドセット本体とその間と繋ぐワイヤーだけのシンプルな構成。デザインは光沢のある黒です。(光沢があるので素手で触ると皮脂汚れが付きやすいですね。まあ、ふき取れば良いんですけど。)本体の色がシルバーのもあります。
P1050306.jpg
アップにするとこんな感じ。本体表面にはボタンが一つ。写真で見て分かるように電話のマークです。これはBluetooth付きの携帯電話でハンズフリー通話や音楽を聴くことが可能になるためですね。残念ながらうちの携帯電話はBluetoothが無いのでその機能についてはここでは言及しませんが。
ちなみにこのボタンは本体の電源on/offやペアリング時に使用します。あと、iPodの再生/停止にも使います
P1050308.jpg
裏返してみたらこんな感じです。耳に当たる部分は普通のスポンジですが感触はまあまあ良い感じです。耳かけ部分はプラスチック製です。Amazonのレビューでもあるようになんとなく強度に不安が残りますが、通常使用では問題ないですね。ちなみに通話マークのボタンがあるほうが左耳になります。
P1050309.jpg
左耳用の本体を横から見ると、音量の+/-と、早送り/巻き戻し(曲のスキップにも使います)ボタンがあります。一見小さくて操作しにくそうですが、装着して操作してみるとなかなか押しやすい位置と大きさに仕上がっているようです。
P1050310.jpg
ちょっと角度を変えてみると、充電用のUSBminiB端子があります。写真ではわかりにくいですが、スライド式のカバーが付いているので普段は閉めておけばほこりなどが入るのを防げます。(写真では開けてあります。)
P1050311.jpg
充電用のケーブルです。普通のUSBminiケーブルですが、長さも適度で持ち運びにも便利です。AC-USB変換アダプタを使えば家庭用のコンセントからも給電可能です。
P1050314.jpg
実際の大きさがつかみにくいと思いまして、装着したところを撮影してみました^^;
装着感は圧迫感は無く、非常に軽い(35g)ので長時間の装着でも気になりませんね。今までインナーイヤフォンタイプを使用していたのですが、それは長時間付けていると耳の穴が痛くなってましたが。
ただ、インナーイヤフォンや大きいヘッドフォンのように密閉した構造ではないので、装着していても周りの音はある程度聞こえます。この辺は好みでしょうね。

なんといっても便利なのは前回購入したiPod用Bluetoothトランスミッター(TMR-BT8iP)と組み合わせたときに、iPodの基本操作がこの小さい本体で可能なことです。さすがに別のアルバムに替えるとかいった操作はこれではできませんが、曲の再生/停止、早送り/巻き戻し、スキップ/逆スキップ、音量増減といった操作が可能です。ちなみにイコライザのプリセットが幾つかあって好みの音質にも変更可能です。
また、メーカーページによると、連続再生「10時間」、連続通話「15時間」と長時間の使用が可能な高性能モデルです、ということです。
さすがに連続で10時間持つかは試していませんが、今のところ使用中に電源が切れたことはありませんね。(装着したまま寝てしまったら、朝には電源が切れていましたが^^;)
耳かけタイプなのでこれを付けたまま仰向けで寝た場合、やや耳との間に空間が出来ますね。普段の使用には問題ないですし、音楽は問題なく聞こえますけど。

あと、ヘッドセットと書いてあるように小さなマイクロフォンが装備されているのでVoice ChatやSkypeなどでも使用できます。マイクの位置が耳元なので音が拾えるのか不安でしたが、普通に話す声だったら問題なく拾ってくれました。もちろんBluetoothに対応した携帯電話での通話に使っている人もいますしね。

音質についてですが、まあそれほど良い耳を持っているわけではないので当てになりませんがいままで持っていたワイヤードのインナーイヤフォンと比較しても特に悪くもないと思います。音質についてはAmazonのレビューではさまざまな評価ですが、大きさと付加価値を考えたら十分だと思いますが。それまでどんなイヤフォンやヘッドフォンを使っているかにも寄ると思いますので参考までに。

もちろんパソコンとのペアリングも可能なので、外出先でノートパソコンと接続して音楽を聴きながら作業したり、DVDを見たりといった使い方も便利ですね。恥ずかしながら知らなかったんですが、パソコン用の音楽プレイヤーの中にもBluetoothのプロファイルに対応しているものが多くて、windows media playerやiTunesなんかの操作もこのヘッドセットからiPodと同様に可能なんですね。(うちではいろいろ試した結果、winampを久しぶりに使い始めました。winampも昔に比べると大分変わりましたね^^;)
Bluetooth用のヘッドフォンの中には複数のBluetooth機器とペアリングできないものもあるようですが、これは複数可能です。うちではiPod、デスクトップPC、ノートパソコンと3つとペアリングしています。(結局、デスクトップ用にもBluetoothアダプタを買っちゃいました^^もちろん複数を同時には使用できませんが)

とにかく、ワイヤレスというのが非常に便利ですね。あとiPodやパソコンのプレイヤー操作が手元でできるというのがいいです。
いまのところこのヘッドセットで音楽三昧の毎日です^^
人気ブログランキングへ






LBT-HP110C2 レビュー

tag : iPod Bluetooth ヘッドセット

Bluetoothが熱い!!その1(SONY TMR-BT8iPレビュー)

人気ブログランキングへ最近自分の中でBluetoothが熱いです^^前に書いた小型のBluetoothアダプタとBluetoothマウスの組み合わせがかなり便利なので他にもアイテムがないかと探していたんです。一番手頃なのがイヤフォンかな~と思って、いろいろamazonで探していたんですがこれは!!というものはなかなか無くって・・・。いろいろみていると、そういえばiPod用のアイテムでも前に見かけたことがあったので改めて探してみると・・・ありました!!iPodBluetoothトランスミッター(TMR-BT8iP)Amazonでもかなり評判が良いんですよね。Bluetooth機器は日本ではあんまり選択枝がないんですが、これはどうやら日本未発売品なので近所の電気屋では見かけたことがなかったんです。iPodのドックコネクタに差し込むタイプなんですが、写真で観るよりも大分実物は小さいです。(最初見たときは他の同様の商品に比べてそんなに小さい印象はなかったんですが。)使い方は簡単で最初にペアリングをしてしまえば2回目からはトランスミッターのボタンを1秒くらいおして電源を入れるとヘッドセットと自動で接続してくれるんです。通常のワイヤレス(無線)のヘッドフォンなんかと比べてBluetoothにするメリットは、A2DPやAVRCPといったプロファイルに対応していれば、ヘッドフォン側でiPodの再生、停止、早送り、巻き戻し、スキップなどを操作することが出来るということにつきますね。ワイヤード(有線)のヘッドフォンなんかでもiPodを操作するにはバックに入れたiPodを取り出したりする必要があるし、有線の途中に小さなリモコンが付いているタイプではやや収納が嵩張ったりするし、でなかなか自分的に良いヘッドフォンが無かったんですが、今回このTMR-BT8iPとセットで購入に踏み切ったヘッドセットはこれまでの不満をすべて解消してくれています。(また近々組み合わせでのレビューをするつもりです。)TMR-BT8iPの外観などは以下のような感じです。P1050297.jpg接続した状態の外観はこんな感じです。思ったより小さいです。普段iPodを入れているバックに問題なく収まります。あと、うちではiPod nano 3G用のクリアケースに入れていますが、特に問題なく差し込めています。ただ、これはケースの形状次第なのでもしかするとコネクタ部分の干渉があるかもしれませんね。P1050301.jpgP1050303.jpgトランスミッターをアップにするとこんな感じ。中央のボタンがペアリングや電源on/offに使用するマルチファンクションボタンです。向かって左のLEDは接続中やペアリングなどの最中に青色に点滅します。(暗闇で見るとかなり明るいです。)P1050298.jpg横から見たところ。iPod nano 3Gでは厚みがほぼ同じで出っ張りません^^P1050299.jpg下から見たところ。ドックコネクタとほぼ同じ幅なので、電源スイッチとイヤフォン端子には干渉しません。P1050300.jpg裏から見るとこんな感じ。SONYのロゴがやや安心感を与えます?ちなみにMADE IN MALAYSIAのようです。使い方は、説明書があるんですが当然英語です。ただ、Amazonのコメントにあるようにトランスミッター本体のマルチファンクションボタン(といってもボタン一つしかないんですが^^;)を最初にペアリングするときに7秒間長押しすることを知っていれば説明書を読む必要も無いです。あとはTMR-BT8iPのボタンを押してiPod本体の電源をon/off出来ますし、ペアリングを済ませたヘッドセット側の電源を入れれば自動で接続されてヘッドセットから曲が流れ始めます^^さすがに曲を選ぶときなどはiPodの画面を見ながらの操作が必要ですが、普通に曲を流して聴くのであれば基本操作はヘッドセット側で可能なので非常に便利です。Bluetoothなのでclass2だと10mまで離れても大丈夫なのでまったく普段の使用には問題ないですね。腰のポーチにiPodを入れて、ワイヤレスのヘッドセットで音楽を聴くという使い方をしていますが、非常に便利です。(これも、使用するヘッドセットにもよると思いますが)このiPodドックに接続するタイプのトランスミッター最大の利点はiPod本体からの給電により動くということですね。同様のBluetoothトランスミッターの中には、汎用性を持たせるためだと思いますがイヤフォンジャックに差し込んでその音をとばすやつが多いですが、それだと、トランスミッター本体の電源は内蔵電池になるんですよね。だから、iPodも充電しないといけないし、トランスミッターも充電や電池交換が必要になるし、で使い勝手が悪そう。結局、iPodにしか使えませんが、このドックタイプが一番いいと思います。ドックタイプの中でも電力消費にいろいろ違いがあるみたいですが、このTMR-BT8iP他の商品に比べてもあまりiPodの電池消費をあげない印象があります。(Amazonのレビューでも他の方もそう感じるみたいですが、検証はしていません^^;)最近、iPod関連ではあまりヒットがなかったんですが、ヘッドセットをワイヤレスで使いたい方には是非おすすめの一品ですね。同じコンセプトの商品でSONYのウォークマン用のトランスミッターもあるようですね。2009/12/31追記ちなみに、SONY TMR-BT8iPをiPod touch 3G(第3世代)に接続して、LBT-HP110C2とペアリングして使ってみると、現時点でiPod touch内臓のBluetoothで問題となっている早送り・巻き戻しや曲のスキップなどが出来ないという不具合も解消され、問題なく使用できました。どうしてもそういった機能が使いたい、というかたはこれまで通り外付けのBluetoothドングルを使用することでとりあえずは解決できそうですね。ちなみに、これと組み合わせて購入したヘッドセットは以下のものです。これについては次回・・・SONY TMR-BT8iP レビュー

tag : iPod nano Bluetooth トランスミッター TMR-BT8iP

究極のモバイルマウス!?「MA-BTCARD」レビュー

モバイルノートパソコンをメインで使用している人はたくさん居ると思うんですが、そういう方は常にバックにノートパソコンを入れて持ち運んでますよね。僕も仕事やプライベートでパソコンが必須なので常にLet’s noteを持ち歩いてます。
 そういう場合、皆さんマウスはどうしてますか?当然、ノートパソコン付属のタッチパッドを使っても問題ないんですが長時間使うとなるとやっぱりマウスの方が便利だと思うんです。でも、そのためにマウスを普段から持ち歩くと鞄はかさばるしケーブルは邪魔だし、ワイヤレスマウスにしてもかさばるのは同じですよね。
SANWA SUPPLY MA-BTCARD ブルートゥース光学式マウス

そこでおすすめなのがこの「サンワサプライのMA-BTCARD」です。なんと言ってもこの薄さ!!しかも40g程度とそこらへんのモバイルマウスと比べても断然軽いんです。今回はこのマウスについてレビューしたいと思います。
P1040531.jpgP1040532.jpg
P1040533.jpg

軽さや薄さについてはもちろんなんですが、さらにこのMA-BTCARDのもっともすばらしいところは、なんとノートパソコンのPCカード部分に収納&充電が出来るということなんです!! 収納してしまえば普段のノートパソコン以上にかさばることは無いし、使いたいときだけさっと取り出して使えるんです。使わないときにはまったく邪魔にならないというスグレモノ。


使用するときは↓のように、MA-BTCARD本体の支柱(?)部分をカチッとするだけで電源オン。マウスのボタンをクリックするとパソコンからの認識が開始されてすぐに使用が可能となります。電源スイッチがそのままマウスの立体構造を支える支柱になってるんですね。(初めて使用するときのみペアリングが必要です。後述
P1040534.jpgP1040535.jpg

使用するときはこんな感じ↓
P1040536.jpgP1040537.jpg


ちなみに使用感ですが・・・
・PCカードスロットから取り出して使用するときの認識されるまでの時間は早い。1秒もかからないです。
・一見、珍しいだけで使いにくそうに見えますが実際に使った感じはクリックなどもやりやすいし、普段からマウスを下の動画にあるように手のひらでつつむ感じで使っている人には違和感は無いんじゃないでしょうか?(この点については他のネット上のレビューでも同様の好評価のようですし
・解像度が450dpiということで認識や動きについての批評もあるみたいですが、普通に机の上で使う分には問題ないでしょう。
・上記に関連して、非常に細かい作業(微妙なフォトレタッチとかでしょうか)にはあまりおすすめしない。というか普通のワイヤレスマウスでもこういう作業は向いてないでしょう。
・いろいろな状況で使ってみた結果ですが、机の上など普通の環境では他のワイヤレスマウスと同等に使えます。あと、足の短い絨毯や自分のジーンズの膝の上、ノートパソコン自体のパームレストの上などで使ってみても問題なかったです。ただ、普通の布団に寝っ転がって使おうとするとやはり下の凹凸が問題になるのかまともに動きませんでした。 あと、当然ながらガラスや反射の強い素材の上はムリですね。(でもこれはレーザーマウス以外のワイヤレスマウスでは同じだと思います。)

敢えてここで難点を挙げると
・最近のマウスには必ずと言っていいほど付いている「ホイール」が無いんです。画面のスクロールなんかには無いと困るんですが、やはりそこは薄さの代償でしょうか省かれています。ただ、それを補うためのソフトウェアがフリーでいくつもありますのでそれを使えば問題ないです。ちなみに僕が入れているのは「Wheel Ball」というフリーソフトですが、マウスの右ドラッグでスクロールしてくれます。これは他のレビューなんかでも指摘されている点なので次の製品(があれば)是非改良して欲しいですね。それこそノートパソコンやiPodなんかの静電気で認識するスクロール機能であればコンパクトに搭載できそうですが、バッテリーが持たないんですかね^^;
・収納が充電も兼ねているのがメリットでもあるんですが、普段僕はノートパソコンを「休止状態」にして持ち歩くことが多いんです。PCカードスロットに給電されていないと充電されない関係で、「スタンバイ」もしくは「休止状態」では充電されません^^; まあ、これは満充電での連続使用時間も長いのでパソコンの使用中にちょっと席を外す間に収納しておけば充電が切れることは無いと思います。実際、購入してから電池が無くなって途中で動かなくなったことはまだ無いです。
・あと、同じくPCカードスロットから充電されるのでバッテリーのみで動かしているときに併行して充電するとパソコン本体のバッテリーの持ちがわずかながら短くなるのではないか、ということですね。


あと、メリットというかは微妙ですが、普通に使っているだけでも同僚などから珍しがってもらえます^^ さらにPCカードスロットに収納出来ることを見せるとさらに驚いてもらえます。
収納した感じはこんな感じ。
P1040543.jpgP1040544.jpg

実際に使っているときの動画はこちら↓
(FC2ブログが動画をアップできないため海外のサーバーにファイルを置いてます^^;)
P1040546.jpg


収納するときの動画はこちら↓
P1040547.jpg


ちなみにこのマウスは一般的なワイヤレスマウスと違ってBluetoothによる通信なんです。だからBluetoothが内蔵されているノートパソコンなら何も追加する必要もなくそのまま使用できるようですが、うちのLet’s noteには残念ながらBluetoothは内蔵されてないんです。
だから別にBluetoothアダプタが必要になります。(というかまだ日本ではあまりBluetoothが浸透してないのでそれほど内蔵されたノートパソコンは無いのでは)

あと、注意が必要なのが一般的なワイヤレスマウスでは必要ない作業なんですが、Bluetooth機器の注意点として初めて使用するときだけはペアリングという作業が必要となります。作業と言ってもそれこそ30秒もかからないんですが^^;
ペアリングという小難しい名前が付いてますが要はBluetoothのアダプタにマウスを認証させる作業ですね。僕もこのMA-BTCARDが初めてのBluetooth製品なんですが説明書に従うだけで簡単に出来ました。

今回このMA-BTCARDと併せてBluetoothアダプタを購入したんですが、一度使ってみると便利さが実感できますね。Bluetoothのイヤホンやヘッドホンなんかもいろいろあるみたいなのでついつい欲しくなってしまいます^^

ということで次回は、モバイルノートパソコンにおすすめのBluetoothアダプタについて(の予定)です。





メーカーの仕様はこちら↓
■適合規格:Bluetooth Ver 1.2 Class2
■周波数範囲:2.402GHz~2.480GHz
■プロファイル:HID(Human Interface Device Profile)
■コネクタ形状:PCカードTypeII(充電用)
■通信範囲:最大半径約10m(非磁性体上/木製天板)
※使用環境によって異なります。
■分解能:450カウント/インチ
■読取り方式:光学センサー方式
■ボタン:2ボタン
■電池性能:
連続作動時間/約5時間
連続待機時間/約178日間
使用可能時間/約7日間
(1日8時間パソコンを使用中に、マウス操作を25%行った場合)
充電時間:約1時間15分
※弊社内テスト値であり、保証値ではありません。
■サイズ:W54×D87×H5mm
■重量:40g
■付属品:取扱説明書





tag : マウス コンパクト MA-BTCARD サンワサプライ Bluetooth

ブログ内の現在の位置
徒然なるブログ
 トップページ
  └ [タグ] Bluetooth
プロフィール

albicans

Author:albicans
徒然なるブログへようこそ!
2010/3/5
100000Hit (O_o)WAO!!!
人気ブログランキングへ


現在の閲覧人数:


これまでの閲覧人数


カテゴリ
まとめプラグイン
07 | 2017/08 [GO]| 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ一覧 最新記事一覧 コメント一覧 トラックバック一覧
[カテゴリ一覧]
WEBコンサルティングのバンブーウエイブ
最新記事
タグクラウドV1.2a
天板(#2)アップコンバート(#3)ホームシアター(#2)発火(#1)超小型(#1)Let's(#3)USB(#2)スリープ(#1)音楽(#1)マジカルカーボン(#1)AT-ID5a(#1)BlueSoleil(#1)Bluetooth(#4)西表島(#1)virtualbox(#1)nano(#3)インターネットテレビ(#1)DLNAサーバー(#3)DLNA(#17)石垣島(#1)英会話(#1)ハセプロ(#1)TMR-BT8iP(#1)ブセナテラス(#1)VGF-WA1(#1)REGZA(#24)バッテリー交換(#1)デジタルフォトフレーム(#1)PIP-DOCK2(#2)PS2(#1)風呂(#1)UltimateCS(#4)コンパクト(#1)BEGIN(#1)NAS(#2)NR-F433T(#1)TH-55(#1)ipod(#1)東京湾大華火祭(#1)W5(#2)メモリ(#1)BF-01B(#1)ホテル(#1)Blu-ray(#1)softether(#1)TWONKY(#1)プロジェクター(#2)PS3(#1)ヘッドセット(#1)Portable(#2)防水(#1)i-minimo(#5)ubuntu(#3)頭痛(#1)レビュー(#1)touch(#1)MA-BTCARD(#1)中華街(#1)NetFront(#1)ガンダム(#1)沖縄(#1)車載(#2)横浜(#3)ドック(#1)自転車(#1)ZV500(#11)DVD(#2)HDL-GS500(#3)音が出ない(#1)青の洞窟(#1)ブラウザ(#1)Let'snote(#4)折り畳み自転車(#3)電源(#1)冷蔵庫(#1)英語学習(#1)バッファロー(#1)iPod用ドック(#2)PF-50WG(#1)TwonkyMedia(#1)HDCN-U(#1)サーバー(#9)マッサージ器(#1)L型(#1)お風呂(#1)ubuntu10.10(#1)iPod(#6)Nero(#1)DPF-D70(#1)トランスコード(#1)Docomo(#1)TVersity(#6)note(#4)アダプタ(#1)マウス(#1)let's(#1)DPF-V700(#1)夏休み(#1)LAN(#1)NAS-C5(#1)CLIE(#1)WiFi(#2)windows7(#5)MD5000(#1)サンワサプライ(#1)等身大(#1)スライブ(#1)アップスケーリング(#1)BDレコーダー(#1)トランスミッター(#1)美ら海水族館(#1)アップデート(#1)シュノーケリング(#1)ISO14001(#1)
物欲リスト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。